プログラマーの資格

資格がなくても仕事はできる

プログラマーは、とくに資格を持っていなくてもなれる職業です。

しかし、IT業界では資格を持っていることで自分のスキルを証明することにもなり、プログラマーに関係する資格については、取得するに越したことはありません。

新卒の就職においても、その時点で資格を持っているのと持っていないのとでは、印象が変わってきます。

また、特定派遣のような立場であれば、派遣先の面談時に持っていれば契約がとりやすくなるケースもあるようです。

このようなアドバンテージを得るために、積極的に資格を取ろうとする人はたくさんいます。

必要な資格は時代によって変わってくる

プログラマーとして持っておいたほうががよいと推奨されている資格はいくつもあります。

しかし、IT業界で求められる知識や技術は日に日に更新されていくため、時代の流れによって資格の内容も変わっていきます。

大きな変化があった場合は、新たに資格が新設されることもあります。そのため、日頃から情報収集をしておき、臨機応変に対応できるようにしておくことが大切です。

できるだけ、その時点で現場から必要とされる資格を取得しておくべきです。

プログラマーとして取りたい資格

プログラマーとして資格取得を目指すのであれば、まずは汎用性の高い資格から考えるとよいでしょう。

たとえば、「ITパスポート」や「基本情報処理技術者」は、技術者として働く人が最初に取るべき資格といっても過言ではありません。

そこからは、各々のプログラマーとして歩んでいく道に必要な資格を取っていけばよいでしょう。

プログラミング系の資格としては、「C言語プログラミング能力認定試験」「Oracle Certified Java Programmer」「Ruby技術者認定試験制度」などがあります。

これらの資格は、勤務先によっては就職後に取得必須とされており、自社で勉強会や研修会を開いたリ、勉強にかかる費用を負担してくれたりすることもあります。

プログラマーにとって、スキルアップし続けることは不可欠です。資格取得に向けて勉強することによって、自身のレベルアップにもつながるといえます。

仕事体験談