派遣のプログラマー

派遣のプログラマーは多い

プログラマーの仕事では、派遣で活躍している人も大勢います。

一般的に派遣というと、正社員に比べて給与や待遇が悪かったり、不安定であったりと、ネガティブなイメージを抱く人も多いかもしれません。

しかし、IT業界では派遣のエンジニアも多数活躍しており、派遣でさまざまな開発経験を積んでステップアップしていく流れも珍しいものではありません。

プログラマーの派遣には、大きく分けると「一般派遣」と「特定派遣」の2種類があります。ここではまず、そのそれぞれの特徴について紹介します。

派遣の種類について

プログラマーにとっての派遣の働き方のうち、「一般派遣」というのは、いわゆる一般的な派遣のイメージの姿となります。

まずは派遣会社に登録を行い、給与や勤務日数といったさまざまな条件に見合った案件を派遣元から紹介してもらい、雇用される期間が決まったなかで、派遣先の企業へ出向いて働くスタイルです。

プログラマー以外にも、事務職など多様な職種の人が、この形での派遣社員として活躍しています。

一方、「特定派遣」というのは、IT業界ではよく見られる派遣の形となっています。

こちらは、派遣会社へ正社員として入社し、別企業(派遣先)へ派遣されて、そこで開発プロジェクトに携わります。

派遣先での就業が終わっても派遣会社との雇用形態は継続されるため、一般派遣よりも安定した働き方ができることが特徴です。

派遣で働くメリット

こうしたことから、プログラマーは特定派遣で働く人も少なくありません。

正社員の場合、ある程度のスキルや経験がないと採用されないことも多々ありますが、特定派遣は未経験者でも採用されることが比較的よくあるようです。

派遣で大小さまざまなプロジェクトに参画し、スキルを磨いていくことで、正社員へのステップアップや給料をアップさせることも可能になります。

仕事体験談