プログラマーになるための学校(大学学部、専門学校、スクール)

できれば行った方がよい

プログラマーは、なるための資格や免許などはとくに必要とされません。そのため、専門学校へは必ず行かないといけないというわけではありません。

しかし、まったく何も知らないで就職するよりも、専門学校でプログラマーとしての知識を身につけた状態で就職するほうが、実務をスムーズにスタートしやすくなるでしょう。

とはいえ、プログラマーは何といっても「実務経験」こそが大切です。専門学校を卒業していなくてもプログラマーとして採用する企業はあるため、学校に通うか通わないかは自由です。

なお、学校で専門的なことを学ばず、いきなり就職する場合には、プログラマーとしての基礎の部分は実務をこなしながら自己啓発として勉強する必要があります。

学校であれば仕事を始める前に落ち着いて体系的に学ぶことができるため、あえて学校に通う道を選択する人も少なからずいます。

このほか、大学の情報系学部に進学してプログラマーになる道もありますが、早くからプログラマーを志している人のほとんどは、専門学校に進むケースが多いようです。

インターンシップは強み

専門学校によりますが、企業で実際に業務を経験できる「インターンシップ」を行っている学校は、知識やスキルを深めるうえでも、就職率も良い傾向にあるようです。

したがって、学校選びの際は、インターンシップがあるかどうかを一つの判断基準としてもよいかもしれません。

プログラマーにとっては、何よりも職場や実務に触れることが大きな成長のきっかけになるものです。そのため、この制度はとても良いものだといえます。

インターンシップ中に企業に気にいってもらえれば、そのまま社員として勧誘される可能性も大いにあります。

企業側も、仕事内容などの説明を省けるなどのメリットがあるため、最近では積極的にインターンシップを取り入れる企業が増えています。

資格が取りやすい強み

プログラマーのステータスの判断として、よく見られるのが「資格」です。

しかし、いざ仕事をしながら勉強をして、そして試験まで受けてとなると、時間的にも精神的にも難しいものがあります。

それに比べると、専門学校の場合は資格の勉強が授業に組み込まれていることもあります。学生のうちに資格を取得しておくことができるのは、専門学校の大きな強みだといえます。

仕事体験談