フリーランス、在宅のプログラマー

フリーランスで働く人も多い

プログラマーは、システム開発会社やWeb制作会社などで会社員として勤務する人がいる一方、フリーランスで働く人も大勢います。

IT業界は技術力のある人が高く評価される世界であり、高いスキルを持っていれば、決して会社に所属していなくてもたくさんの仕事が舞い込んできます。

こうしたことから、まずは会社で経験を積み、ゆくゆくは独立を目指すという人も少なくありません。

フリーランスの場合、基本的には在宅で仕事をする人がほとんどです。ただし、案件によっては打ち合わせで外出したり、取引先へ赴いて開発作業を行ったりすることもあります。

会社員であると、ある程度、携わることができる案件は会社都合で決まってきます。

しかし、フリーランスの場合は仕事を自分で選ぶことができますし、実力があれば、対価として高い報酬を安定的に得ることができるようになります。

「いつ仕事がなくなるかわからない」という面では、会社員に比べて不安定だといえますが、努力次第で収入を大きくアップすることもできるなど、やりがいがある働き方だといえるでしょう。

フリーランスとして成功するには

フリーランスのプログラマーも、基本的には会社勤めのプログラマーと同様のスキルが求められます。

実務で使用するプログラミング言語のスキルは必須ですし、さまざまな言語を扱える人のほうが、幅広い案件を受注することが可能です。

そのほか、仕事のスケジュールを組み立てていくうえで、より高いレベルでの時間管理能力が必要とされます。

納期を意識することはもちろんですが、フリーランスの場合は「経理」や「営業」といったような会社勤めであればやらなくていい仕事も、自分でこなさなくてはなりません。

時間の使い方が上手であることも、フリーランスで成功するには必要な要素です。

そのほか、取引先と良好なやりとりを続けるために、コミュニケーション能力を高める努力も欠かせません。

フリーランスのプログラマーは、どうしても自宅にこもって作業をする時間が長くなりがちですが、人脈を広げるためには人付き合いも大切です。

仕事体験談