アルバイトのプログラマー

アルバイトの需要も大きい

プログラマーは、多様な雇用形態で働くことができる仕事です。さまざまな開発現場を見てみると、正社員として働く人も大勢いますが、アルバイトの形で活躍している人も少なくありません。

しかし、ひとくちにアルバイトといっても、仕事をするうえでどの程度のスキルが求められるのか、また、どのような業務を任されるのかは、勤務先となる企業によってだいぶ異なります。

一般的には、アルバイトの場合、高いレベルのスキルや経験が求められることはそこまで多くありません。

実際、未経験者をプログラマーとして採用している企業もたくさんあるため、これから開発の勉強をして経験を積んでいきたいという人は、まずアルバイトで働くことを考えるのもよいでしょう。

さまざまな開発現場を経験することは、エンジニアとして成長するうえでの大きな財産となります。

アルバイトの給与、待遇

プログラマーのアルバイトの給料は、時給制となっています。

その額は、勤務先の地域や規模などのほか経験や実力などによって時給にはだいぶ幅があるようですが、1,500円〜1,800円程度となっているケースも多く、比較的高時給といわれる部類の仕事だといえそうです。

未経験者や研修期間であると、時給900円程度からスタートすることが一般的です。

なお、開発経験があり、各企業が求めるスキルを備えている場合には、時給3,000円以上を得ることもできます。

この仕事は雇用形態に関わらず、とにかく実力がある人が優遇されやすいことが特徴だといえるでしょう。業務時間外に自主的に勉強すれば、より早くスキルアップすることができます。

アルバイトの場合、1日の勤務時間が正社員よりもだいぶ短く設定されていたり、週に数日だけの勤務となったりするケースもよくありますが、頑張りや実力が認められるようになると、企業によっては社員へ登用されることもあります。

仕事体験談