プロダクトデザイナーのやりがい、魅力

モノづくりの喜び

プロダクトデザイナーが仕事をする際に感じるやりがいとしては、まず自分のデザイン案が採用されて、実際に製品化されることが挙げられるでしょう。

製品ができあがるまでには、徹底的な市場調査や分析をしたうえでコンセプトを決定し、アイデアを練るためのラフスケッチを無数に制作します。

アイデアが採用されてデザインに取りかかっても、クライアントや設計士、技術者などの関係者と打ち合わせを繰り返し、何度も修正することがあります。

根気強い作業の果てに試作品ができあがり、検証実験の結果によっては微調整を加えて、ようやく製品化にこぎつけます。

たくさんの関係者がクリエイティブの粋を尽くして完成した製品はこのうえなく愛しく、モノづくり特有のいわゆる生みの喜びといったような深い感慨に包まれます。

人に喜ばれる点

できあがった製品は商品管理者や販売担当者などの働きによって流通し、ユーザー(使用者)のもとに届きます。

実際に製品が販売される現場や、製品を手にしたユーザー(使用者)の声もりリサーチし、反応がいいと、自分のデザインによって喜ぶ人がいるという仕事に改めて誇りを感じます。

また製品の販売実績が好調な場合は、クライアントや設計士、技術者などの関係者にも喜ばれます。

評価が収入面で報われる点

メーカー勤務のインハウスデザイナーであれば、製品のプロダクトデザイナーが自分であるとクレジット(表示)することはありませんが、社内の評価につながります。

プロダクトデザイン事務所勤務の制作会社デザイナーやフリーランスのプロダクトデザイナーであれば、大ヒット製品をデザインすると、収入は評価に比例して増加します。

もちろんメーカーであれ、デザイン事務所であれ、アイデアやデザインがコンスタントに採用されるようになるまでには、就職してから数年かかることも多いといいます。

さらに販売実績に貢献できるデザインを手がけるようになるためには、人並はずれた努力とデザインセンスが必要です。

デザインが起用されるようになるまでは生活面で苦労することも考えられますが、乗り越えて人に喜ばれるようになると収入面でも報われる点は、非常にやりがいがあるといえるでしょう。