プロダクトデザイナーの仕事内容

デザイン対象

プロダクトデザイナーの仕事は、身近な生活用品から重工業の飛行機まで、あらゆる製品をデザインすることです。

デザインする対象は、インダストリアルデザイン(工業デザイン/ID)の分野として、自動車・飛行機などの移動・輸送機器、家電製品、情報機器、事務用機器、業務用機器、医療福祉機器などがあります。

ほかにも生活用品(文房具、食器類、玩具など)、家具・インテリア(照明など)、ファッション小物(バッグ、シューズ、装飾品など)、スポーツ用品、ベビー用品、パッケージなどもデザインします。

事前の市場調査と企画開発

クライアントから仕事を発注されるなどデザインする製品が決まったら、いきなりデザインするのではなく、まずは市場調査と企画開発を行います。

デザインのコンセプト(基本理念)を決めるために、マーケティング・リサーチ(市場情報の収集、調査)やパテント(特許)調査をする必要があります。

そのリサーチに基づいてマーケティング戦略(市場戦略)を練り、どのようなデザインを展開するかというコンセプトを立案します。

デザイン展開、試作

いよいよデザインに取りかかります。まずコンセプトに沿ってアイデア出しのラフスケッチを繰り返します。

それからPhotoshop、Illustratorや2DCAD、3DCADのデザインソフトを活用し、たくさんのデザイン案を制作します。

外観の色や美しさだけでなく、ユーザビリティ(使いやすさ)を考慮したデザインが求められます。そのため製品の形状や機能、材質などをじゅうぶん検討する必要があります。

また模型などのモデルを作って立体的にデザインを把握したり、試作品の実証実験を行ったりします。

デザイン後の設計、生産、流通

できあがったデザイン案をもとに実際に製品化する際には、設計士や工場の技術者などが業務を担当します。

また生産された製品が販売され流通する際には、販売担当者や商品企画者などが活躍するでしょう。

プロダクトデザイナーの仕事はデザインだけではなく、設計、生産、流通といった工程にも深く関わります。

デザインをする段階で設計士、技術者、販売担当者、商品企画者などと綿密な打ち合わせを行い、生産コストの把握や事業化にともなうリスク分析、流通管理なども共有します。

関係者と何度も話し合い、修正を繰り返してようやくデザインは完成し、技術者による製品化に至ります。