プロダクトデザイナーへの転職・中途採用、未経験採用は?

未経験採用はほとんどなし

まったく別の職種からプロダクトデザイナーに転職したいと考えた場合、未経験者の採用は果たしてあるでしょうか。

結論からいいますと、残念ながらほとんどありません。

プロダクトデザイナーは高度な専門職であり、大学や専門学校でしっかりプロダクトデザインを学んだ新卒者でも就職浪人が出るほどの狭き門です。

中途採用の募集要項を見てみますと、応募資格として必ずといっていいほど記載されているのが「実務経験」です。

実務経験5年以上、あるいは3年以上という企業が大多数で、たとえ3年未満でも実務経験があれば応募可能な会社を見つけることもできますが、未経験者の募集は皆無といっても過言ではないほどです。

未経験者のプロダクトデザイナーへの転職はほとんど不可能であることを大前提としたうえで、それでも志望する場合は、専門学校などでプロダクトデザインを学んでみると、どうにか仕事に結びつくような情報が出てくるかもしれません。

あるいはプロダクトデザイン事務所にほかの職種で就職し、デザインを提案してみるという方法もありますが、レアケースとなるので、前例があるか確認しておいた方がよいでしょう。

経験者の転職

実務経験のあるプロダクトデザイナーは、実際に転職する人も多く、求人情報もたくさん見受けられます。

制作会社デザイナーからインハウス(企業内)デザイナーへ、またはその逆、あるいは企業から企業へ、プロダクトデザイン事務所からプロダクトデザイン事務所へとさまざまな転職が考えられます。

いずれもPhotoshop、Illustrator、2DCAD、3DCADのデザインソフトを使ったプロダクトデザインの実務経験が必須条件となっており、さらに業務内容に即した詳細な応募資格が定められている会社がほとんどです。

転職志望のプロダクトデザイナー自身もキャリアアップを図りたいと考えるでしょうし、人材を募集する企業側も即戦力となるようなプロダクトデザイナーを望んでいます。

転職することによってなにがどのように変わるのかをしっかり見極めたうえで、求人情報サイトや各企業の公式サイトの募集要項などを確認し、有意義な転職を検討しましょう。