プロダクトデザイナーのつらいこと、大変なこと、苦労

狭き門である

プロダクトデザイナーという職業には大変なこともさまざまありますが、それ以前にプロダクトデザイナーになること自体が非常に難しいといえるでしょう。

プロダクトデザイナーになるためには、まず美術系または工学系の大学や専門学校でプロダクトデザインを学ぶのが一般的です。

美術系の大学は、入学試験において学科試験だけでなく実技試験が課せられる場合も多く、高校生のうちにデッサンなどを学ぶ必要があるでしょう。

また難関を突破して入学したあと、大学や専門学校でプロダクトデザインを勉強しながらも、ものづくりやデザインが本当に好きなのか、しっかり見極めたほうがいいかもしれません。

在学中にプロダクトデザイナーそのものを志望することを断念して、職種の幅を広げる人も少なくありません。

就職先が少ない

なぜならプロダクトデザイナーの就職先はけっして多くはないからです。一般的な就職先としてはメーカーとプロダクトデザイン事務所にわけられます。

メーカーといってもデザイン部門を抱える企業となると必然的に大手ということになりますが、大量採用する企業は限られており、プロダクトデザイナーの採用枠は年に数名のところがほとんどです。

就職活動をする学生のなかには、大手メーカー勤務をめざす人や、自動車や家電メーカーを志望する人が多いという話もあります。

もちろんプロダクトデザイナーのデザイン対象は多岐にわたりますから、一概にはいえません。

ただプロダクトデザイナーのなかでも花形と見なされる職務に就くことができるのは、ほんのひと握りであるといえるでしょう。

ダメ出しの連続

プロダクトデザイナーの仕事は経験を重ねるほど腕が上がる側面もあるため、最初はデザインが採用されず、ラフスケッチを無数に繰り返すこともあるでしょう。

上司はもちろん、クライアントや設計士、技術者などにもダメ出しをされ、そのたびに修正を繰り返し、寝ても覚めてもデザインについて考えているかもしれません。

どんなに時間を費やしアイデアを凝らしても、なかなかデザインが採用されないときは非常に大変です。ただし採用されたときはそのぶん喜びが大きいでしょう。

収入面、勤務時間の苦労

プロダクトデザイナーの勤務形態には、インハウスデザイナー(メーカー勤務)、制作会社デザイナー(プロダクトデザイン事務所勤務)、フリーランスデザイナーが考えられます。

勤務環境についてはそれぞれに特徴がありますが、いずれにしても経験が浅かったりデザインが評価されなかったりする場合は、収入面や勤務時間などで苦労することもあるでしょう。

しかし経験を積んで評価されるようになると、収入面でも報われます。たゆまぬ努力と継続する強い意志が求められます。