プロダクトデザイナーになるための学校(大学、専門学校)

【大学】プロダクトデザイン学科

「プロダクトデザイン学科」が設置されている大学としては、

・東北芸術工科大学/デザイン工学部(山形)
・京都精華大学/デザイン学部
・京都造形芸術大学/芸術学部
・神戸芸術工科大学/芸術工学部(兵庫)

などがあります。

プロダクトデザインの対象は多岐にわたるため、専攻はたとえば製品デザインコース、インテリア・家具デザインコースなどに別れています。

上記4校はすべて私立大学で、4年間の学費の目安は500~700万円程度でしょう。

【大学】国公立大学

また近年「プロダクトデザイン学科」に改編されたり、名称は「デザイン学科」や「生活デザイン学科」だったりとさまざまですが、プロダクトデザインについて学ぶことのできる大学はたくさん存在します。

美術系の国立大学としては、

・東京藝術大学/美術学部
・筑波大学/芸術専門学群(茨城)
・京都工芸繊維大学/工芸科学部
・九州大学/芸術工学部(福岡)

などが挙げられます。

工学系の国立大学としては、

・千葉大学/工学部
・名古屋工業大学/建築・デザイン工学科(愛知)
・山口大学/工学部

などがあります。

公立大学としては、

・札幌市立大学(北海道)
・長岡造形大学(新潟)
・首都大学東京
・愛知県立芸術大学
・静岡文化芸術大学
・京都市立芸術大学
・滋賀県立大学
・金沢美術工芸大学(石川)
・岡山県立大学
・沖縄県立芸術大学

などが挙げられます。

国公立大学の学費の目安は4年間で250~300万円程度でしょう。

【大学】私立大学

美術系の五大学といえば、

・多摩美術大学
・武蔵野美術大学
・東京造形大学
・日本大学/藝術学部
・女子美術大学

が挙げられるでしょう。

すべて東京に本部のある私立大学で、プロダクトデザイン関連の学科もあります。4年間の学費の目安は650~700万円程度でしょう。

ほかにも芸術学部、美術学部、造形学部、工学部など、プロダクトデザインを勉強することのできる私立大学は全国に多数あります。

【専門学校】桑沢デザイン研究所ほか

プロダクトデザイナーになるための専門学校はさまざまありますが、有名なプロダクトデザイナーを多数輩出していると評判なのが桑沢デザイン研究所(東京)です。

昼間部(3年制)の総合デザイン科、夜間部(2年制)のデザイン専攻科、どちらでもプロダクトデザインを専攻できます。学費は昼間部の3年間で420万円程度、夜間部の2年間で150万円程度でしょう。

そのほか東京デザイナー学院、日本工学院専門学校(東京)、名古屋コミュニケーションアート専門学校(愛知)などにもプロダクトデザイン科(または専攻)があります。