独立してフリーランスのプロダクトデザイナーになるには

いきなり独立する人は少ない

プロダクトデザイナーになりたいと考えたときに有名な人を目標にすると、フリーランスで働くイメージを抱くかもしれません。

しかし現実的にはいきなり独立してフリーランスになる人は非常に少ないのではないでしょうか。

たしかにプロダクトデザイナーは実力次第で評価される職業ではありますが、その判断材料は仕事の実績です。優れたデザインを提案できるようになるためには、不断の学びと実務経験が欠かせません。

そのためメーカーなどの企業に勤務するインハウスデザイナーや、プロダクトデザイン事務所に所属する制作会社デザイナーとして、じゅうぶんに実績を積んでから独立するのが一般的でしょう。

もちろんすべての人が下積みのために会社員となってプロダクトデザイン業務に従事するわけではなく、そのまま勤務を継続する人もたくさんいます。

そんななか独立してフリーランスになりたいと考えるのであれば、知識や技術をしっかり身につけたり、評価の高い実績を積んだり、製品化の出資者を確保したりする必要があるということです。

独立する手順

フリーランスデザイナーになりたい場合は、独立することを意識しながらも、できるだけ早い段階から一つひとつ着実な努力を重ねたほうがいいでしょう。

独立する以前に、プロダクトデザイナーになることそのものが非常に難しいため、まずはそれなりの勉強をするのです。

プロダクトデザインを学ぶ学校としては、美術系あるいは工学系の大学、専門学校などが一般的でしょう。

とくに美術系大学の入学試験には実技がありますから、高校1年生からデッサンの練習に明け暮れる人も少なくありません。

また国立大学の工学部などをめざす場合は、入学試験に実技はありませんが、学科試験の受験勉強を頑張らなければ合格することはできません。

卒業後はメーカーやプロダクトデザイン事務所に就職するのが一般的ですが、デザイン部署のあるメーカーはおおむね大手企業ですから、学生のあいだにしっかり努力する必要があります。

また小規模なプロダクトデザイン事務所であっても、師匠のような優れた上司のもとでたくさんのデザイン業務を経験して実績を重ねるという道も考えられます。

実務経験のほか人脈形成が重要

ひとつの製品がユーザーの手元に届くまでには非常に多くの人が関わります。とくに実際に製品化する工程は大規模な機械や設備が欠かせませんし、多くの人件費なども発生します。

たとえデザインセンスや実力があっても、依頼者であるクライアントや製品化する設計者、技術者、販売や流通の販売担当者、商品管理者などとのつながりがなければ仕事として成立しません。

独立してフリーランスデザイナーになるためには、実績を積むとともに、じゅうぶんな人脈形成が必要といえるでしょう。