パイロットの魅力

空を飛ぶ感動

世の中には陸、海とそれぞれさまざまな交通手段がありますが、その中でも日常生活では見ることのできない雲の上を飛ぶ「飛行機」は、とりわけ私たちをワクワクさせてくれるものではないでしょうか。

現役のパイロットも、美しい空の上の光景を目の当たりにしたときには、毎回大きな興奮を味わうと言います。

自分で飛行機を操縦して空を飛び回ることができるパイロットという仕事は、他ではなかなか味わえないものだからこそ、とても魅力的なものです。

世界のいろいろな土地に行ける

仕事を通じて、世界中のさまざまな土地に行けるというのもこの仕事の魅力です。長時間のフライト後には現地ステイをすることもあるので、その間に各国の文化に触れたりコミュニケーションを楽しんだりすることもできます。

エアラインパイロットの場合、各航空会社の社員割引を使って安く飛行機に乗ることも可能です。

技術を必要とする

パイロットに憧れを持つ人は多くいるでしょうが、この仕事は思い立ったら簡単にできるものではありません。まず厳しい身体検査や試験に合格し、訓練を何年も重ね、専門的な知識や技術を身につけた人だけが携われる仕事です。

また行動力や判断力、協調性など、しっかりとした人間性であることも要求される大変な仕事です。しかしその分、訓練を重ねていざ自分でコックピットに座って空を飛んだときには、言葉にできない感動が味わえます。

待遇が安定している

パイロットは長い間の訓練を経て、ようやくなることができる職業です。続けていくためには厳密な体調管理を必要とし、日々大きな責任感を感じながら仕事をしています。そのためパイロットの給料はかなり高い水準に保たれています。

近年はLCCの登場などでコスト削減が進み、パイロットの待遇がやや厳しくなっている面もありますが、パイロットの人材は不足している状態です。誰でも簡単になれるという仕事ではなく、パイロット不足がすぐに解消される見込みもないので、今後も待遇が大幅に悪化することはないでしょう。