新人1年目のパイロット

自社養成パイロットの一年目

「自社養成パイロット」として航空会社に入社した人の一年目についてご紹介します。

「自社養成パイロット」に採用された場合、入社時点では専門知識もなければパイロットのライセンスを全く持っていないのが普通です。そのため、まずは「訓練生」として地上勤務をしながら会社の仕組みや各部門の仕事の流れなどを学びます。

将来、副操縦士や機長になればさまざまな部門の人たちと協力して働くことになります。そのため、営業部門や整備部門など、一見パイロットとは関係なさそうに思える場所で働いてみることも大切なのです。

ANAの場合、この地上勤務の期間はだいたい1年〜2年程度。つまり、一年目はまず航空業界で働く者としての心構えや幅広い知識を身につける時期と言えます。

地上勤務を終えて

地上勤務の期間が終われば、いよいよ副操縦士になるための本格的な訓練が始まります。まずは学科の勉強からスタートし、米国での実機訓練を経て事業用操縦士技能証明取得を目指します。

さらに計器飛行証明や陸上多発限定取得といった基礎訓練と副操縦士昇格訓練を経て、社内の審査に合格すれば、ようやく副操縦士になることができます。