パイロットに英語力は必要?

一定の英語力は必要

パイロットになるためには、ある一定の英語力が必要になります。

自社養成パイロット採用試験の応募段階で、TOEIC等のスコアが求められることはあまりありませんが、選考途中で英語の筆記試験はたいてい実施されていますし、会社によっては英会話での面接が行われる場合もあります。

流暢に英語で話しができる必要はないかもしれませんが、全く英語ができないと面接時に不利になるでしょう

海外での訓練

また、自社養成パイロットの場合、入社後には海外での訓練も実施されます。たとえばANAの場合は米国で外国人教官による訓練が行われるため、それまでには「TOEIC650点」を取得するよう求められています。

あとで必ず必要となるので、時間に余裕のある学生時代に、できるだけ英語の勉強をしておくと良いでしょう。

パイロットの生活には英語が付きまとう

また、パイロットになってからも業務には英語が付きまといます。旅客機を操縦するパイロットは、すべて空港などの「航空管制官」の指示に従って離陸や着陸、飛行中の高度変更などを行います。

パイロットの勝手な判断だけで操縦を行うことは認められておらず、航空管制官とのやりとりは、すべて英語で行われています。

業務に必要な航空英語は入社してから学ぶことができますが、パイロットの仕事では日常的に英語を使うことになるので、英語嫌いであるよりは英語が好き、もしくは英語に親しんでいる人のほうが好ましいと言えます。