ピアニストの仕事内容

ピアニストとは、人前でピアノを演奏し、聴衆を楽しませることで生計を立てる仕事です。コンサートのほか、ピアノのある場所ならどこにでも活動の場があります。

コンサートで演奏するピアニスト

「ピアニスト」と聞いてイメージするのは、コンサートの舞台で演奏する人でしょう。

中でもソリストとして活躍できる人は、狭き門だけに、もっとも花形的存在といえます。また、バレエや歌劇に合わせて演奏する、伴奏ピアニストという仕事もあります。

彼らの仕事内容は、なんといっても「練習」と「本番」です。とくに練習は、人にもよりますが、毎日、何時間にも及ぶことがほとんどです。

また、有名なピアニストともなれば、海外や国内を演奏でまわることになります。

ジャンルもさまざま

ピアニストといっても、クラシックばかりではありません。

たとえばポップスなどのジャンルでは、録音に参加するスタジオミュージシャンや、アーティストに同行して、ツアーのメンバーとして演奏する人もいます。

ジャズでは、コンサートのほか、クラブやピアノ・バー、ホテルのラウンジなどで演奏を聴かせる仕事も多いでしょう。

変わったところでは、豪華客船などのレストランでピアノを弾く人もいます。

その他の仕事

身近な場所にも、ピアノの仕事はあります。たとえば、結婚式場でのブライダル・ピアニストなどです。

ほかにも、さまざまなイベントや、介護施設・児童施設で演奏を行ったり、合唱の伴奏、楽器店でのデモンストレーション演奏など、多種多様です。

ピアノさえあれば、身ひとつで仕事できるのが、ピアニストの強みです。