ピアニストの求人・募集状況

ピアニストの仕事を得るのは、簡単とはいえないのが現状です。「お金になるピアノ演奏なら何でも受ける」くらいの姿勢で、さまざまな仕事をこなすのが一番といえます。

派遣会社への登録

結婚式や各種イベントに、生演奏を派遣する会社などでは、ピアニストを募集していることがあります。スキルの高さはもちろん、音大在学中もしくは卒業の要件が付いていることもあります。

通常はオーディションを受け、採用となります。中には、専門のレッスンを受けなければいけないところもあるので、有料・無料などの情報を事前に調べましょう。

これらの仕事は、多くが単発で、つねに需要があるという保証はありません。他の仕事とかけもちしながら、依頼に応じて動くパターンが多いでしょう。

ピアノ講師の状況

音楽教室のピアノ講師は、わりと募集の多い仕事です。ある程度しっかりしたところであればあるほど、音大を出ていることが条件になっています。

または、個人で教室を開くのも一つの方法です。しかし、給与からマージンが引かれない分、生徒集めからすべて一人でこなさなければいけないので、大変な面もあるでしょう。

今は、少子化や受験ブームにより、ピアノを習う子どもが一時期より減っているようですが、インターネットなどで、ピアノ教師を検索できるサービスに登録することもできます。

レストランやバーの仕事を得るには

ラウンジや、ピアノ・バーで弾く仕事は、知人の紹介で得る場合が多いようです。

または、求人雑誌を見て応募したり、自分でお店を調べて直接交渉してみるのも一つの手でしょう。

店の人に気に入ってもらえれば、その場で採用されることもあります。ただし、仕事は基本的に夜ですし、週末のみの場合もあるので、アルバイトとして勤めるのが一般的です。

伴奏ピアニストの募集状況

バレエや歌劇の伴奏ピアニストは、まずバレエ団などに欠員が生じなければ募集がかかりません。一人の補充人員を狙って、多数のピアニストが志願します。

オーディションを行い、高い伴奏技術を持った人が採用されます。