ピアニストの資格

ピアニストになるための資格は特にありませんが、ピアノ関係の資格はいろいろとあります。演奏技能を証明するものから、指導者としての資格まで、多種多様です。

大手楽器店の検定

有名なものでは、ヤマハが行っている「ヤマハグレード」という検定試験があります。子どもから大人まで、またレベルに応じて、さまざまな級に分かれます。同じくカワイにも「カワイグレード」があります。

ヤマハやカワイでピアノを習っている生徒たちだけでなく、誰でも受検することが可能です。上級になると、難易度はかなり高く、プロの演奏家や指導者のレベルになります。

楽器店の音楽教室に勤める場合は、これらの検定が必須になることもあります。

その他の検定

その他の検定としては、日本現代音楽芸術協会で実施している、「クラシックピアノ検定」や「ポピュラーピアノ検定」、国際的におこなわれている「英国王立音楽検定」や、日本ピアノ教育連盟が主催する「ピアノ教師資格認定試験」など、数多くの検定があります。

ピアノ指導者の団体として有名な「ピティナ(PTNA)」も、指導者検定を行っています。

また、もっとも一般的な資格は、音大で取得できる教職でしょう。中学や高校で音楽教師として働くことができます。

ピアノ検定の効力

ピアノは、どれだけ演奏経験があっても、コンクールなどで入賞する以外に、その能力を証明するものがあまりないのが現状です。

そういった意味では、民間で行っている検定資格を取得することは、無益ではありません。自分の演奏力を試すこともできますし、ピアノ関係の就職の際には、自己アピールの材料となります。