ピアノの先生になるには

個人でピアノ教室を開く

自宅などでピアノ教室を開く場合には、特別な資格はいりません。基本的には、ピアノが弾けて、教えることが好きであれば、ピアノの先生にはなれます。

教室を開く場合には、開業するための事務的な手続きや、生徒を集めるための宣伝活動など、ピアノと関係ない部分での作業が必要になります。

資格は不要ではありますが、実際に生徒を集める場合には、「音大卒」という肩書があると有利です。あるいは、中学校・高等学校の教諭免許(音楽)があれば、さらに信用が高まります。

音楽科教員養成課程のある大学に進学すれば、指導方法も学べるので、実際に先生になったときに役立ちます。

ヤマハ音楽教室でピアノを教える

ヤマハ音楽教室でピアノを教えるためには、一定の学歴や資格が必要になります。

応募対象者は、専門学校・短期大学・大学・大学院を卒業した人です。新卒者だけでなく、既卒者でも応募できます。

また、講師になるために「ヤマハシステム講師資格取得試験」に合格しなければなりません。試験内容は、筆記試験や楽典、聴音、初見演奏などです。

さらに、講師として働くためには、「ヤマハ音楽能力検定制度(ヤマハグレード)」で5級以上の演奏・指導グレードを取得しておく必要があります。

ヤマハ音楽振興会

カワイ音楽教室でピアノを教える

カワイ音楽教室の「子どものコース」でピアノ講師になるためには、学歴が必要とされています。

応募対象者は、音楽大学・音楽短期大学や大学・短期大学の音楽系を専攻し、卒業見込みの人と既卒者です。

あるいは、幼児教育などの教育系大学・短期大学の卒業見込みと既卒者でも対象になります。

ですが、学歴がなくても、実力があれば応募できます。

また、「カワイグレード」という音楽教室の講師を目指す人たちのグレードの上位級を取得していると、報酬面などで有利です。

KAWAI カワイ グレードテスト

応募者は、実技や音楽通論、小論文、面接などの試験を受け、合格すればピアノ講師になれます。

なお、「大人のコース」であるミュージックスクールのピアノ講師は、ジャズ・ピアノを対象として募集しています。応募資格はとくに必要なく、実技試験と面接に合格すれば講師になれます。