ペットシッターの仕事内容

ペットが安全&快適に過ごすために

「ペットシッター」という職業は、飼い主が所要で家を空けるときに、飼い主に代わってペットの世話をすることを主な仕事にしています。

人間の場合も、親の不在時に自宅で子どもの世話をする「ベビーシッター」という職業がありますが、このペット版だと考えるとわかりやすいでしょう。

最近ではペットを預けることができる「ペットホテル」や「ペットサロン」も増えてきましたが、動物の性格や種類によっては環境が変わることで体調を崩したり大きなストレスを感じたりしてしまうことがあります。

そこで、慣れ親しんだ家でいつも通りに過ごせるように、自宅を訪問して犬や猫のお世話をする「ペットシッター」が必要とされているのです。

打ち合わせから散歩の世話まで

それでは、ペットシッターが実際にどのような仕事をするのか見てみましょう。

まずは飼い主から依頼を受けたら、ペットの種類や大きさ、性格や餌の種類などについてヒアリングをします。

事前に一度面会をすることもありますし、事前に電話やメールで情報を聞き出しておき、当日自宅にお伺いしてからの打ち合わせになることもあります。

室内犬や猫の場合は基本的に家の中で世話をすることになるので、住宅の間取りやカギの開け方、電気のスイッチの場所や空調機器の操作方法など、細かく把握しておくことが大切です。

また、散歩が必要な場合は自宅の周りのいつもの散歩コースについて教えてもらい、できるだけいつもと同じように散歩をします。

お預かりの時間や世話の内容はそのときどきで異なります。

散歩や餌やりだけを済ませて短時間で仕事を終えることもあれば、飼い主が一日中不在のために朝昼晩と何度も様子を見に行くこともあります。

トリミングや看病をすることも

ペットシッターがどこまでペットの世話をするのかは会社によって違いますが、爪切りや歯磨き、簡単なトリミングなどを行うこともあります。

また、もしもお預かり中にペットが体調を崩してしまった場合は、看病をしたり、かかりつけの動物病院に連れて行って薬をもらったりすることになります。

ペットシッターの仕事はとにかくペットに関する総合的な知識やスキルを必要とする仕事なので、動物のしつけ方から遊び方、餌のやり方、トリミングなど、さまざまなことを知っておく必要があります。