ペットシッターへの転職

学歴や職歴に関係なく挑戦できる

動物と触れ合うのが大好きで、動物に関わる仕事をしたいという思いがある人のなかには、ペットシッターへの転職を考えている人もいるかもしれません。

ペットシッターに転職するためには、どうしたら良いのでしょうか。

実は、ペットシッターとして働くにあたっては、特別な学歴や資格は必要ありません。

ペットシッターを派遣している会社に雇ってもらうことができれば、ペットシッターとして働くことは可能です。

求人の情報はインターネットにも掲載されているので、自分の住んでいる地域のペットシッターの募集がないかチェックしてみましょう。

憧れの転職への第一歩となるかもしれません。

ただし、ペットシッターというのは依頼主にとって家族同然の存在であるペットの命を預かる職業なので、大きな責任が伴うということも忘れてはいけません。

まったくの未経験者よりは、動物に関する専門学校を出ている人や、トリマーやペットショップ店員などのように動物に関係する仕事をしていた人のほうが、雇用主や依頼主からの信用を得やすいということはあるでしょう。

他職種のスキルを活かすことも

ペットシッターは、ときには他人の家の中に入ってペットの世話をすることになるので、依頼主との信頼関係を築けるかどうかがとても重要です。

今までの仕事のなかで接客業やコンサルティング業を経験したことがあるという人は、打ち合わせやアフターフォローなどで細やかな気配りができるという点で、前職で培ったスキルを活かすことが可能です。

また、ペットシッターはペットの餌やりや散歩、トイレの世話などのケアを丁寧にすることが大切なので、ヘルパーや看護師、保育士などの、医療や福祉や保育に携わっていたような人も経験を活かせるのではないでしょうか。

独立開業には注意が必要

このように、学歴や職歴を問わず働くことができるペットシッターですが、もしも独立開業をしようと思った場合には注意しましょう。

独立開業するにあたっては「動物取扱業」の申請をしなければいけないので、この際に、動物に関わる仕事をしてきた経験や学歴や資格などが必要になります。

転職する際には、独立開業まで見据えているのかどうかによって、学校に行くかどうかや資格を取得するかどうかが変わってくるので、事前によくリサーチをして計画的に動くとよいでしょう。