ペットシッターの魅力

たくさんの動物と出会える

ペットシッターとして働いていると、仕事を通してたくさんのペットたちと出会うことができます。

たとえば、犬のなかにも、大型犬に小型犬、海外で人気の犬種などさまざまなタイプのものがいますし、猫の一匹一匹にも色や体型、性格などさまざまな個性があります。

また、ウサギやハムスター、鳥や爬虫類など、普段はなかなか触れ合う機会のないような珍しい動物の世話をすることもあるのです。

このように、仕事のたびに新しい動物と出会うことができるというのが、ペットシッターの仕事の楽しさのひとつといっても良いでしょう。

動物が好きな人にとっては、「今度はどんな出会いがあるんだろう」というワクワク感を抱きながら仕事ができるという点で、大きな魅力のある職業であることは間違いありません。

自分のペースで伸び伸びと働ける

ペットシッターの仕事は、基本的には単独で作業をすることが多くなります。

もちろん、ペットに餌をあげたり散歩をしたりすることになるので完全に一人きりというわけではないですし、飼い主と打ち合わせをしたり同僚と仕事のスケジュールを話し合ったりする機会はあります。

しかし、一般的なサラリーマンが一日中お客さんや上司や同僚に囲まれて働いているのに比べると、圧倒的に一人の時間が長くなるのがペットシッターの仕事なのです。

「できるだけ一人で過ごす時間が多い仕事に就きたい」と考えている人や、「人間よりも動物と一緒に過ごすほうが好きだ」という人にとっては、伸び伸びと働ける環境にあるということができるでしょう。

また、動物の種類によっては散歩が必要となるため、一日に何度も散歩をして過ごすことができる日もあります。

公園や河原を犬と一緒にのんびりと歩くことが仕事になるので、散歩や運動が好きな人にとっても魅力的な職業といえるでしょう。