在宅のパタンナー

フリーランスでの活動が中心

パタンナーは、アパレルメーカーなどの企業に社員やアルバイトとして勤務するほか、在宅で仕事をすることも可能です。

在宅勤務の場合、そのほとんどの人は「フリーランス」という形で仕事をしています。

つまり、会社など特定の組織には属さず、個人事業主として仕事を請け負っていくスタイルとなります。

在宅のパタンナーになるための資格などはとくにありませんが、専門性の高い職種であることから、経験の浅い人がいきなり独立しても成功するのは難しく、会社である程度の経験を積んでからフリーランスになるのが一般的なルートです。

在宅での働き方

在宅のパタンナーは、たいていアパレルメーカーの「外注パタンナー」として仕事をしています。

給料は報酬として「1件あたり〇〇円」という形で得ることになるため、少しでも単価の高い仕事をたくさんすることで、収入は増えていきます。

大手企業の案件は単価が高めですが、最近は安価に発注できる海外の工場にパターン製作の依頼を回すケースも増えているため、外注パタンナーとしては少々厳しい状況にあるといわれます。

一部の実力あるパタンナーを除いて、1つの企業の仕事だけで食べていくことは大変かもしれませんが、外注パタンナーを随時募集している中小のアパレルメーカーも多くあるため、積極的に仕事を探していくとよいでしょう。

在宅で働くメリット・デメリット

パタンナーとして在宅で働く場合のメリットは、正社員のように、所属している会社の仕事しかできないという制限がないことだといえます。

複数のアパレルメーカーと取引を行い、多様な案件に挑戦することができるため、スキルアップを図るにはうってつけといえるでしょう。

また、勤務時間に縛りがないため、クライアントとのコミュニケーションをきちんとして納期さえ守れば、深夜や早朝に作業をして日中は休んでいても問題ありません。

自分のペースで仕事を進めやすいことも、メリットのひとつだといえます。

一方、最大のデメリットとしては、案件がなければ収入がゼロになってしまうという点でしょう。

会社に守られて働くというスタイルではないため、向き不向きも比較的出やすいといえます。

また、パタンナーとしての業務以外に、営業や経理的なこともやらなくてはならないため、そういったところに時間を使う必要が出てきます。