パタンナーのやりがい

自分が手掛けた商品がメディアに取り上げられたとき

パタンナーは、自分自身が舞台の表側に立つことはあまり多くありません。

どちらかというと裏でコツコツとものづくりを支える職人色の濃い仕事ですが、自分が携わった服が形となり、世の中に広まっているのを見たときは、非常に大きな達成感が味わえます。

たとえば街を歩いていて自分の手がけた服が飾られていたり、誰かが手にとってくれたり、あるいはテレビや雑誌などに取り上げられることもあるかもしれません。

たとえ自分の名前が表に出ることはなくても、自分のプロとしての「こだわり」や「努力」が形になったのを見ることは、仕事を続けるうえでのやりがいにつながります。

仲間とものを作っていく達成感が味わえる

パタンナーは多くの仲間と協力して服を作っていきますが、とくに深く関わるのはデザイナーです。デザイナーが上げてきたデザインをもとに、そのイメージをどう形にしていくのか。

パタンナーはパターンを起こし、デザイナーと相談しながら素材を選定し、さらには製造工場や生地やボタンの専門会社とも何度も打ち合わせを重ね、理想通りのものを作っていきます。

服はこうした大勢の人の協力なくして完成させられません。専門知識と技術を持った人たちが力を結集し、イメージ通りの服を仕上げることができたときは毎回達成感を味わえます。

力が認められれば活躍の場が広がる

パタンナーとしての技術を突き詰めると、業界のあらゆる場で活躍できるようになります。

高いスキルを持ったパタンナーであれば、どの企業でも引く手あまたの状態になりますし、デザイナーが独立する際に力のあるパタンナーを引き抜くことも。

また、中にはデザイナーから直接「パタンナーは○○さんを希望」と指名されることもありますし、海外から声がかかる人もいます。

さらには独立を果たし、自分で思うように仕事を突き詰めていくことも可能です。

誰もがなろうと思ってすぐ一人前になれる仕事ではないため、コツコツとキャリアを磨いていけば、幅広い活躍のチャンスを掴むことができます。