パタンナーの役割

パターン作成以外の役割も

パタンナーの仕事はパターンと呼ばれる型紙の作製が基本です。最近ではアパレルCADを使うのが主流なので、パソコンの画面に向かっている時間が多くなります。

しかし、同時に色々な企画が進行しているので、それぞれの企画の進行度によって関わる仕事が異なります。一日中型紙製作をしている日もあれば、企画会議に一日の大半を費やす日もあります。

ここではパタンナーのさまざまな役割を紹介していきます。

パタンナーの本業、型紙製作

仕事の幅が広いパタンナーですが、本業はやはり型紙製作です。デザイナーが描いた企画を、いかにして形にするか。その命運を握る大切な作業です。

現在のようにアパレルCADが普及する前は、すべてを手作業で行っていました。CADで仕事ができることからもわかるように、その作業内容は建築や工業の製図に似ています。

型紙の製作には、素材や縫い代などの詳細な指示も含まれるので、型紙だけでなくファッション・アパレル全般の知識が求められます。

企画会議と進捗管理

ものづくりの現場は、打ち合わせや会議の連続です。それぞれの持ち場を担当している人同士で共有しなければならない情報が多いからです。時には企画が煮詰まって会議が深夜に及ぶこともありますが、それもものづくり独特の「産みの苦しみ」です。

企画会議では企画内容のすり合わせだけでなく、それぞれの企画やプロジェクトがどの程度まで進んでいるのかという進捗管理も含まれます。納期がある仕事なので、進捗管理もパタンナーの腕の見せ所です。

市場調査も仕事のうち

今、どんなデザインやファッションがキてるのか?という流行に敏感になることは、パタンナーだけでなくアパレル系職種全般に求められる資質です。

ときには百貨店やファッションビルなどを見て回り、どんなコーディネートがディスプレイされているか、来店客はどんな商品に興味を持っているかという現場を実際に見るクセを付けておくのはプロとして当然です。

勤務時間以外に、そんな時間を持つこともあるでしょうが、パタンナーとして成功するか否かはこうした地道な努力がポイントになります。