パタンナーへの転職、中途、未経験採用

ファッション業界は転職する人が多い

ファッション・アパレル業界は、全体として人材の流動性が高いとされています。

より良い勤務条件や自分に合った職場環境を求めて転職をする人が多く、新卒で入社した会社に定年まで勤め上げる人のほうが少ないのは事実です。

この業界で働く人たちは転職に対する偏見がほとんどないため、能力があれば転職によって条件や待遇をより良くしていくことが可能です。

転職市場も活況であり、ネット上にもパタンナーの転職情報を取り扱っている求人サイトは多数あります。

パタンナーは定着率が高い

人材の流動性が高い業界のなかで、じつはパタンナーは比較的定着率が高い職種です。

つまり1社での勤続年数が長い人が多いのですが、この背景には、長い期間をかけて技術を積み上げていく仕事という点があるようです。

同じくアパレルメーカーで働くデザイナー職の場合は、どうしても流行や旬を追い求める必要があるため、パタンナーとは反対に勤続年数が短くなりがちです。

なお「定着率が高い」ということは、転職市場に出てくる求人数がデザイナーほど多くないという点に注目しなければなりません。

「気に入らなければ転職すればいい」ということではなく、次の転職先が最後の会社になるという気持ちでじっくりと検討する姿勢が大切です。

技術をアピールできる武器が必要

転職市場でパタンナーに求められていることは、技術と経験です。

それは、ほぼすべてのパタンナーの中途採用求人が、数年単位の実務経験を必須にしていることからも分かります。

転職活動において技術や経験を証明できるものは、これまでに製作してきた実績物しかありません。

自分がこれまでにどんなものを製作してきたのか、どんな仕事をしてきたのかという事実を証明できる武器が、転職の成否に大きく関わります。

採用側は、その人に何ができるかをじっくりと見極めています。

未経験者を募集する求人も

ただし、一部の会社では未経験者でも積極的に受け入れようと考えるところがあります。

しかし、その場合にはアシスタントからのスタートがほとんどで、いわゆる雑務など、パターン製作にはあまり関係しない仕事ばかり任される可能性があります。

また、未経験者の採用は、いっても20代半ばくらいまでの人を対象とするケースが多くなっています。

年齢が上がれば上がるほど、経験やスキルが強く問われるようになるでしょう。

CADの技術が必要

パターン製作の現場にCADがどんどん普及しているという状況を考えると、転職においてもCADの経験は必須であると考えましょう。

ITを使った作業はもはや若い人だけのものということは決してなく、ベテランのパタンナーもCADを使いこなしています。

なかにはCADの経験を問わない求人もありますが、条件面で不満が持たれがちな内容の場合が多いため、納得のいく転職を果たすにはやはりCADの技術が欠かせません。