パタンナーの給料・年収

会社勤めの人の一般的な給与

パタンナーはアパレルメーカーなどの企業に就職して働く人が多く、給料は勤務先の会社の給与体系に沿って支払われます。

パタンナーだからといって給料や年収がとくに高いということはなく、他の一般的な社員と同等の給与水準となります。

大手のメーカー系に就職した場合には、比較的安定した生活設計を立てることは可能です。

企業規模が大きいほど平均年収は高めとなっており、小さなデザイン事務所などでは少し厳しい給料となるかもしれません。

全体としてみると、年収ベースで300万円クラス、やがて昇給していくと年収が400万円、500万円という一般的なサラリーマンとしての収入を得ることができます。

キャリアアップすれば年収も上がる

パタンナーとしてキャリアアップしていくと、年収は徐々に高くなります。

第一線で活躍しているパタンナーだと、高い人で年収は600万円クラスになります。

月給ベースに換算すると50万円ですから、魅力充分の給与水準です。

多くの場合、より良い条件を求めて転職を繰り返しても結果はあまり変わらないため、現状の職場や仕事に満足をしているのであれば、無理に職場を転々とする必要はありません。

ただし、なかには引く手あまたの優秀なパタンナーもいて、一部のスキルの高い人材は、こうした給与体系とは別次元の高収入になることもあります。

きわめて標準的な初任給

新卒からパタンナーに就職すると、初任給はおおむね20万円前後です。

これは他の業種とほぼ同じで、きわめて標準的といえます。

パタンナーという仕事は就職して即戦力になるというものでありません。

まだ見習いのアシスタントという身分でも標準的な初任給が得られるというのは、比較的恵まれていると考えてよいかも知れません。

なお、中小のメーカーになるとパタンナー自らが納品などに出かけることがあり、普通免許を持っていると条件が良くなるというケースもあります。

月給制以外の給与体系も

パタンナーに限らず、ファッション・アパレル業界にはいろいろな勤務条件で働いている人がいます。

たとえば「業務委託」といって、社内で仕事をしているものの納品物に対して代金という形で給料を受け取っている人や、フリーランスで働いている人、あるいは主婦をしながら働いている人のなかにはパートタイムでパタンナーをしている人もいます。

こういった形態の場合、給料は正社員のように月給としてもらっていないケースがよく見られます。

パタンナーは技術ありきの仕事だけに、能力があれば自分に合った働き方、給与体系を選ぶことができるのはメリットといえそうです。