パタンナーの需要と求人・採用募集状況

求人は少なくない

ファッション業界は衣食住の一角を担う、人間にとって欠かせない産業なので安定した需要、求人があります。

求人情報を見ても、パタンナーという職種名をはっきりと明示して募集している求人が多数見受けられます。

正社員や契約社員の募集が大半で、仮に契約社員であっても社会保険や各種手当てが用意されているので、真っ当な条件で働ける環境は整っています。

募集要項を鵜呑みにできない?

パタンナーを募集している会社は、ほとんどがアパレルメーカーです。自社でブランドを持ち、そのブランドの服を作るセクションで働くことを想定している求人が大半です。

募集要項にある勤務時間はいわゆる九時五時が中心ですが、実際には長時間勤務になりやすい職業なので、あまり参考にならないかもしれません。

休日についても、週休2日制となっている求人が大半ですが、納期が迫っている時には休日出勤をすることもあります。この点については、キャリアアップしていく上で避けては通れない現実です。

勤務地には偏りが

ファッション・アパレル業界に関連する会社は、その多くが東京または大阪の周辺に集中しています。パタンナーは原則として本社勤務のため、勤務地はどうしてもこの2大都市圏に集中する傾向があります。

これらの地域に住んでいる人であればあまり生活に変化はありませんが、これら以外の地域からのパタンナー就職を考えている人は、転居を伴う就職になる可能性が高いです。

やはり強い、実務経験者

パタンナーの求人を見ていると、応募資格のところに実務経験を挙げている企業が多くあります。

中途採用の求人となるとその傾向は顕著なので、中途採用でパタンナーになるには、すでに一定の経験を有していることが条件になると考えておいたほうがよいでしょう。

それと同時にCADの知識や経験を条件にしている求人も多々見られます。CADの知識は必須だと考え、スキルを磨いておくことが必要です。