パタンナーに必要なもの

パターンの技術とファッションの知識

パタンナーはパターン製作の技術など専門性を高めつつも、ファッションに関するあらゆることを広くカバーしている必要があります。

たとえば生地の種類や特性。使用する生地によって伸びや強さなどが異なりますし、裁縫の仕方によっても見栄えは変わってきます。

こういったことをきちんと頭に入れたうえで、デザイナーが作ったイメージを確かに表現できるパターンを作っていくことが求められます。

ときにはデザイナーと意見を出し合いながら、より良いものを目指して何度もパターンを作り直すこともあります。

あらゆる状況に対応できるために、ファッションの流行や業界の動きなどにも敏感になっておくことが望ましいです。

ミリ単位でパターンを作っていく正確さ

パタンナーにはセンスや感性も必要ですが、それ以上に求められるのはパターンを正確に作る力です。

もしパターンが1ミリでもずれてしまえば、完成した洋服がガタガタになってしまったり、着心地の悪さを招くことにもつながります。そのため、少しのズレも許すことなく精密に作業を進めることは必須です。

また、生産スケジュールは事前に決められているため、もし自分の作業が遅れれば後工程の人にも迷惑をかけてしまいます。慎重に作業を進めつつも、期限内に確かなものを仕上げる力が必要です。

CADの技術は必須に

現代のパタンナーは、CADを使ったパターンメイキングやマーキングなどの技術が求められることが増えています。

そのため、専門学校等でこれらの基本スキルを身につけたうえで、その技術を使いこなせるために日々スキルを磨いていくことが必要といえます。

高いコミュニケーションスキル

パタンナーの仕事は、裏でコツコツとパターンを作って終わりというわけではありません。デザイナーの意思を把握しつつ、縫製や編み立てなどの現場で動く人たちに指示を出す機会も多いのです。

そのため、自らの意志をしっかりと伝えられることや、関係各所との調整がうまくできることは必須のスキルとなります。

また、将来的に独立を考えるのであれば、こういったコミュニケーションスキルは不可欠。

技術力はもちろん、関わる人々と上手に接しながら信頼を集めていくことも、成功するパタンナーになるための重要な要素です。