パタンナーになるための学校(大学、専門学校、スクール)

服飾、ファッション系専門学校はパタンナーになる近道

パタンナーになるには、服飾系やファッション系の専門学校で勉強をし、パターン作りの知識と技術を身につけることが最も近道だとされています。

ほかにも大学や短大、スクールなどで同様のことを学べる場所はあるのですが、一般的なのは専門学校です。

ただし、知識よりも経験がモノをいう世界だからこそ、より実践的な経験を多く積ませてくれる学校を選ぶことで、実践力のあるパタンナーに近づくことができるはずです。

専門学校が最も有利な理由

パタンナーになるには、パターン製作に関する学科・コースがある専門学校が最も有利だとされています。

そういわれる最大の理由は、パタンナーという仕事が経験ありきだという点です。

服飾系、ファッション系の専門学校はそのことを充分心得ているため、約2年(学校によって異なります)の在学中は、とにかく実践的な経験を重視したカリキュラムで経験を積ませてくれます。

ただテキストを読んで知識を詰め込んだだけではない、経験がいざ仕事を始めてから役立つことから、採用側は専門学校でしっかり勉強してきた人を好む傾向があります。

大卒からパタンナーになるには

四年制大学や短大にも服飾系学科を置くところがありますが、こちらでは学術的な知識は豊富に学べるものの、専門学校のような実践的な経験値を高めるというカリキュラムはやや少なくなっています。

このあたりが、就職を目的とした学校と教養を目的とした学校の違いです。

そのため、大学でパターンに関連する勉強をした人であっても、実際にパタンナーになるためにWスクールや卒業後に専門学校に入る人も少なくありません。

ただし、大卒の学歴は、将来的に転職をする際に応募先の選択肢が広がる可能性はあります。

パタンナーのスクール・講座

学生や社会人などを対象とした民間スクールのなかにも、パタンナーとしてのスキルを身につけ、パタンナー職としての就職を目的とした講座があります。

その数はとても多く、スクールを活用してパタンナーになりたいと思っている人が多いことがうかがえます。

しかし、パタンナースクールのほとんどは服飾系、ファッション系の専門学校が開講しているもので、本科と別に派生的にパタンナー講座を設置しています。

短いところだと在学期間は数ヵ月というところもありますが、期間の長短よりも大切なのは、現役のパタンナーが講師を務めていて、より実践的な経験に重点を置いているスクールを選ぶことでしょう。