デザイナーとパタンナーの違い

デザイナーとパタンナー

ファッションデザイナーに比べると、パタンナーの役割は一般的にあまり知られていないかもしれません。

どちらも「服を作る仕事」といったように認知されていることもあるようですが、この両者は近い場所で働く存在でありながら、担う役割は異なっています。

まずデザイナーですが、こちらは名前の通り洋服やバッグ等をデザインする仕事です。市場調査をし、流行をチェックし、そのうえで企画を立案して製品の具体的なイメージ画を描きます。

デザイナーが生み出すデザイン画なくして、いつもお店で私たちが手に取る洋服は完成しません。

一方のパタンナーは、デザイナーが描いたデザイン画をもとに、布を1枚ずつ裁断するためのパターン(型紙)を作る役割を担います。

パタンナーが起こしたパターンから試作品が作られ、その後、パタンナーはデザイン画通りのものができ上がっているかを確認しながら必要に応じて微調整を重ね、服作りの工程を完成にまで導きます。

パタンナーの立場

一見、パタンナーはデザイナーの陰に隠れがちですが、実は、洋服の出来はパタンナーの腕にかかっていると言っても過言ではありません。

まだ「リアル」なものではないデザインを、自らの感性やスキルを発揮して形にしていくのがパタンナーなのです。

実際の業務範囲は勤める企業や事務所によって少しずつ異なりますが、洋服作りの現場においてパタンナーの存在は非常に重要なものとなっており、海外ではデザイナーと同じように「一流パタンナー」として名が知れている人もいるほどです。

パターンが変われば、洋服の出来も変わります。

デザイナーのイメージを忠実に形にできるパタンナーは信頼され、有名アパレル企業やブランドから声がかかったり、あるいは独立を果たし、スペシャリストとして活躍することができます。

両者は二人三脚で活躍する

デザイナーとパタンナーはお互いにタッグを組み、深く関わりを持ちながら働きます。

パタンナーはデザイナーの想いをパターンに表現し、デザイナーはパターンの出来や試作品をパタンナーと一緒にチェックしながら、協力してイメージする洋服の完成を目指します。

両者はまったく違う次元で働くわけではなく、お互いに話し合いながら、より良いものを作っていくのです。デザイナーにとって、パタンナーは心強いパートナーであるともいえるでしょう。

一流ブランドでは、優秀なデザイナーと優秀なパタンナーがタッグを組んでいることも珍しくはありません。どちらか一方ではなく、高いスキルを持った両者の活躍があってこそ素晴らしい洋服は完成します。