パタンナーになるために勉強すること

パターン作成の技術

パタンナーになるためには、基本的な平面パターンをはじめ、立体裁断や工業用のパターンなど、各種パターンの作成の技術を身につけることが不可欠です。

平面パターンは独学でも専門書を使って勉強し、練習を重ねることである程度できるようになるといわれますが、立体裁断は難易度が一気に高くなります。

平面の製図を見て、立体の形をイメージできるようになる必要がありますし、生地の特性も理解したうえで最適なパターンを考えていかなくてはなりません。

スカート、ジャケット、パンツ、ブラウスなど、さまざまな種類の服のパターンを練習しながら技術を磨いていきます。

服飾に関する幅広い知識

パタンナーは、デザイナーが描いたデザイン図に基づいてパターンを作成していきます。

デザイナーの意図を正確にくみ取るためには、服飾に関する専門知識が不可欠です。

たとえば生地の種類やカット方法、縫製の方法まできちんと頭に入っていなければ、デザイナーのイメージを再現したり、着心地を考慮したパターンを作成することは難しいです。

また、ファッションは流行の移り変わりが早く、その時代に適したシルエットがあります。

パターン作りの際にもその内容を生かす必要があるため、つねにファッションのトレンドにアンテナを張り巡らせて情報をキャッチアップしておくことも重要です。

CADのスキル

IT化が進む昨今では、パタンナーが活躍する現場でも、「CAD」というコンピュータ上で動くソフトを利用するケースが増えています。

アパレル専用のCADも登場しており、パタンナーはそれを使ってパターン作成からサイズ展開、型入れなどの作業を進めていきます。

まだ手書きで仕事を進めている現場もありますが、時代の流れからいっても、これからのパタンナーにとって、CADを問題なく扱えることは必須スキルと考えておいたほうがよいでしょう。