パティシエの就職先の選び方

パティシエは洋菓子店だけでなく、ホテルやレストラン、製菓メーカー、お菓子教室など、さまざまな場所で働いています。

どこで働く場合もパティシエならではの専門知識や技術を発揮することができますが、勤務先によって仕事内容や求められる役割は異なる場合が多いため、「どこで働くか?」は慎重に検討する必要があるといえます。

ここでは、パティシエの代表的な職場となる「洋菓子店、パティスリー」と「ホテル」それぞれの仕事内容や特徴を見ていきながら、就職先の選び方について考えてみましょう。

洋菓子店、パティスリー

洋菓子店やパティスリーといっても、規模や形態はまちまちです。大手チェーン店もあれば、個人オーナーが経営する小規模の店、また有名人などがこぞって訪れる高級店もあります。

一般的に有名店の場合は、完全分担制が敷かれています。複数のパティシエが所属し、Aさんは生地作り担当、Bさんはフルーツカット担当、Cさんはデコレーション担当…といった形で働きます。

小規模店の場合は、個人の力量や経験に応じて幅広く作業を任されていくことが多いです。現場に入ったばかりのころは接客まで担当することも珍しくはありません。

店舗によって個性や教育体制、経営方針は異なるため一概には言えませんが、基本的にはその店のシェフの技法を学ぶことになります。

同じものを正確に作る力が身につくほか、小規模の店の場合、お客さまと身近な立場で働けるということもメリットといえるでしょう。

待遇は手厚いところもあれば、過酷な労働環境の職場もあります。健康保険制度などが整っていないケースもあるため、事前に確認しておきましょう。

一流パティシエがいる有名店で働くことができれば、いずれ別の店舗やホテル等へ転職する場合にも立派な職歴として認められやすくなります。

ホテル

ホテルで働く場合は、レストランで提供するデザートのほか、ウエディングケーキ製作、ショップ販売用の洋菓子作りなど、相当量の洋菓子を毎日作り続けなければならないため、大勢のパティシエが勤務します。

ここでは一人で洋菓子を完成させるわけではなく、生地担当、飾り付け担当…と分業をして専門ごとに技術を深めていきます。

ホテルには名の知れたシェフがいますし、パティシエ以外に料理人やパン職人など、飲食に関わる大勢のスタッフのすぐそばで働くため、業界で生きていくうえで役立つ人脈も生まれやすいでしょう。

季節や月ごとにテーマが変わることも多く、店舗以上にさまざまな技法を身につけやすいといった面もあります。

ただし、個人の洋菓子店に比べれば、仕事量は膨大なものとなります。また、スタッフが多いだけに上下関係がしっかりしており、下積み時代はかなり厳しく鍛えられます。

給料や福利厚生などは安定していることが多く、休みも交代でしっかりととれる職場が多いようです。とはいえ、繁忙期前は徹夜になることもあり、残業もそれなりにあります。

「どんなパティシエになりたいか」を考える

このように、洋菓子店とホテルでは、同じパティシエといっても任される仕事や働き方がだいぶ異なります。

厳しい環境の中でさまざまな技法を学び、将来に生きる人脈を築きたいということであればホテルが適しているといえますし、もし信頼・尊敬できるシェフがいるのであれば、その人の店の門を叩いて弟子にしてもらうのもよいでしょう。

パティシエはもともと、厳しい下積み生活を何年も経なければ一人前になれないとされる世界です。そして、いくつもの職場を渡り歩きながら、自分の目指すパティシエ像に向かって腕を磨いていく人が多いです。

「とにかく給料や待遇に満足できる職場を探したい」という気持ちもあるかもしれませんが、まずは「どのようなパティシエになりたいか?」を明確にし、夢に近づける環境を見つけ出すことが大切だといえるでしょう。

仕事体験談