パティシエの修業

修業を経てこそ一人前になれる

パティシエの世界では、料理人や板前と同様に「修業」を通して一人前になっていくという流れがあります。

新人が現場に入ったとき、いきなり重要な仕事やポジションを任されることは普通あり得ません。

一日中卵を割り続けたり、ひたすらイチゴのヘタをカットしたり…と単調な作業を繰り返し行い続け、一つの仕事を完璧にこなせると判断されたら、次のステップへと移っていきます。

基本的に先輩の言うことは絶対であり、何かミスをすれば怒号が飛び交うような職場も珍しくありません。

好きなお菓子にずっと触れていられるパティシエの仕事。しかし、修業の過程はとても「華やか」とはいえない面も大きいのです。

これだけ厳しい世界だからこそ、前線で活躍するシェフの背中はひときわ輝いて見えるもの。

「自分もいつかあんな風になりたい!」と強い憧れを抱き、厳しい環境の中でも必死に努力を続けることで、少しずつ成長していけます。

海外での修業を積む人も

日本のホテルや洋菓子店で修業を積む人がいる一方、あるタイミングで海外へ渡り、現地で修業を積む人もいます。

とくに洋菓子の本場であるフランスで修業したいと考える人は多く、実際にフランスで学んだり働いたりしたパティシエは、日本では経験できなかったことをたくさん得ることができたと話します。

留学はお金や時間さえ許せば比較的簡単に実現できますが、現地で働きたいと思った場合は就労ビザなどの関係もありますし、いきなり働き口を探すことは非常に困難です。

そのため、まずは日本である程度経験を積み、師匠のパティシエに紹介してもらって海外へ行き、修業を積むといった方法をとる人もいます。

普通、一人前になるまでには10年かかるといわれるパティシエ。しかし、自分の努力と実力次第では、もっと早いうちに有名店から引き抜かれたり、独立を果たす人もいます。

そのためには人より何倍もがんばる気持ちで日々修業を重ね、国内外のコンクールにでの受賞を目指していくといった、たゆまぬ努力が欠かせません。

仕事体験談