パティシエの志望動機・例文

志望動機はさまざま

パティシエの活躍の場はいくつもあり、志望先によって志望動機も変わってくるでしょう。

たとえば、製菓メーカーなどの大手企業に就職するのと、小規模な洋菓子店で働くのでは、求められる役割や業務内容は少々異なるものです。

ただし、パティシエにとって、どのような場で働くうえでも共通するのは「洋菓子を作るのが好き」「食べた人を笑顔にしたい」という動機です。

志望動機を考える際には、パティシエという仕事に興味をもった理由と、志望先で働きたいと考える素直な気持ちをまとめていくことから始めましょう。

また、パティシエは何年も修行を重ねてこそ一人前になれる職業であるため、「今後こういう菓子を作っていきたい」「こういう目標がある」という夢を伝えるのもよいでしょう。

志望動機の例文

「私は、子どもの頃から洋菓子が好きで、洋菓子作りに憧れ、いつか自分も洋菓子職人になりたいと思うようになりました。

その夢は高校生になっても変わらず、高校卒業後にはすぐ洋菓子専門学校へ入学し、技術や知識を勉強すると同時に、洋菓子店でアルバイトを始めました。

洋菓子作りは楽しくもあり、忍耐力がいる仕事だと思います。

私自身まだ未熟であり、社会で働く本当の厳しさをわかってはおりませんが、洋菓子に対する情熱は他の人に負けないと自負しております。

就職してからは『下積み期間こそがすべての基礎になる』と心に定め、技術を吸収していきたいと思います。

将来的には、自分が作る洋菓子でお客さまが笑顔になれるような洋菓子を作ることを目標としています。

多数の先輩方が活躍されている貴店にて、本格的に洋菓子作りを学びたいと思い、就職を希望しております。」

志望動機で大切なこと

志望動機に正解というものはありません。

一番大切なことは、お菓子作りに対する情熱、そして諦めない気持ちがあるということを伝えることです。

洋菓子作りの現場からは、「パティシエを志す人が増えるのはいいものの、ちょっとした困難で挫折して辞めてしまう人が多い」という嘆きの声も聞かれます。

すぐに挫折すると思われないためにも、「夢や目標」「困難にくじけない」という気持ちはしっかりと伝えたほうがよいでしょう。

また、夢や目標についてはビジョンを明確にし、それを叶えるためにどう行動していきたいのかなど、突っ込んで聞かれそうなことは事前に考えておきましょう。

仕事体験談