パティシエの給料・年収

一人前になるまでには時間がかかるパティシエですが、とくに見習いの間のお給料はあまり恵まれているとはいえません。キャリアを築くまでには厳しい待遇を覚悟する必要があります。

ここではパティシエの給与・年収を紹介しています。

パティシエの初任給

初任給は月給15万〜18万円くらいが相場となります。年収は200万〜300万円くらいが一般的ですが、勤務先によっては200万円に届かないこともあります。

「一人前になる」という強い志や情熱を持てなければ、続けていくことは難しいでしょう。

企業に勤務する場合はチーフ、リーダーなどの役職がありますが、昇進しても年収は500万円に届くかどうかというところです。

朝早く夜遅い仕事であり、なおかつ繁忙期であれば休憩も取れないような大変な現場なので、途中でパティシエの道をあきらめてしまう人も少なくありません。

アルバイトとして働く

パティシエは「将来は自分のお店を持つ」と夢を持っている人も多くいます。

一つの店舗で長期間修業を積む人がいる一方、さまざまな技術や経営方針を学ぶために、アルバイトとしていろいろな店舗を渡り歩く人もいます。

この場合の年収は、200万円〜400万円と少し幅があります。

たとえ正社員として働く場合でも、残業代が十分に支給されない状況もあるため、働いた時間分の給与をもらえるアルバイトの立場をあえて選ぶ人もいるようです。

独立・オリジナル商品開発

パティシエの年収は、その勤務時間や業務内容から見て多いとは言い難いですが、一人前のパティシエとして独立したり、オリジナル商品を作ってヒットさせることができれば、数千万円規模の年収を稼ぐことも夢ではありません。

もちろん、成功するのは簡単なことではありませんが、さまざまな店で力をつけ、ファンをたくさんつけることで可能性が開けます。

「お菓子を作るのが大好きで、自分のお菓子で喜ばせたい」という強い気持ちを持ったパティシエは、厳しい労働環境にもめげず自分を磨き続け、有名な店舗を構えたり、自分の名前をつけたブランドをで名を馳せるまで成功しています。

この世界で活躍したいのであれば、職人として生きていく覚悟を決めて飛び込むことが大切といえるでしょう。

パン・洋生菓子製造工の平均給与統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、パティシエを含むパン・洋生菓子製造工の平均給与は39.8歳で305万円ほどとなっています。

・平均年齢: 39.8歳
・勤続年数: 9.2年
・労働時間: 171時間/月
・超過労働: 25時間/月
・月額給与:  231,700円
・年間賞与: 271,000円
・平均年収: 3,051,400円

出所:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 パン・洋菓子製造工の規模別給料

パン・洋菓子製造工の年収は、勤務先の規模が1000人以上だと、給与が高くなっていますが、全体的にはやや低めの年収です。

10〜99人の規模の事業所に勤務するパン・洋菓子製造工の年収は261万円、100〜999人規模は312万円、1,000人以上規模は327万円、10人以上規模平均は305万円となっています。

パン・洋菓子製造工の年収(規模別)_27

平成27年度 パン・洋菓子製造工の年収(年齢別・男女別)

パン・洋菓子製造工の年収は、200万円~450万円ほどとなっています。

男女別の平均年収は男性339万円、女性254万円となっています。とくに女性は年収の伸びがあまり見られません。
パン・洋菓子製造工の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

仕事体験談