パティシエの就職・求人募集状況

見習いか、即戦力か

パティシエの求人内容を見てみると、「見習い」として未経験者や経験の浅い人を募集するケースと、すでにパティシエとしての経験ある人を「即戦力」として採用するケースの2パターンに分けることができます。

洋菓子の人気は安定しており、どちらのケースもそれなりに需要がありますが、製菓の世界では料理人と同じく下積みが必要となるため、見習いの場合はアルバイトや契約社員からスタートすることが大半です。

即戦力となれるほどの実力があれば、より良い待遇の下で働くことができるでしょう。

実際、パティシエの給料は「経験・能力に応じて考慮」となっていることが多いです。

腕があればその分評価も上がっていく、実力主義の世界ならではといえるでしょう。

求人量は比較的多め

パティシエの需要は大きく、労働条件などにこだわり過ぎなければ、働き口を見つけることに苦労することはないはずです。

採用情報は、インターネット上の求人情報サイトや店舗内、ホテルのホームページ、求人誌など、見つけやすいところに掲載されています。

ただし、ひとくちに「洋菓子店」といっても大手チェーンから個人店まで規模はさまざまで、店によって求められる役割が異なることがありますし、働く場所がホテルなのか、レストランなのかということでもまた異なります。

就職先を探す際には「そこでどういった仕事ができるのか」を確認し、自分が目指すパティシエ像に近づきやすい職場を選ぶほうが賢明かもしれません。

専門学校とのつながりも

製菓専門学校では製菓の知識と技術を基礎から体系的に学ぶことができますが、加えて就職のあっ旋をしてくれるという面でもメリットがあります。

とくに卒業生を多数輩出している伝統ある学校は、製菓関連の企業やホテル等とつながりを持っているところも多く、優先的に求人情報が届きます。

このルートの求人は、採用後の待遇面も比較的恵まれているものが多いようです。

専門学校への進学を考える際は、卒業生の進路や就職状況についても確認しておくとよいでしょう。

仕事体験談