パティシエとショコラティエの違い

ショコラティエとは?

ショコラティエ(chocolatier)とは、フランス語で「チョコレートを作る職人」を意味します。

チョコレートの食文化が根付いているベルギーやフランスでは古くから親しまれている職業ですが、日本ではチョコレート専門店や一部の高級ホテルなどでショコラティエが活躍しています。

ショコラティエといっても、単にチョコレートの知識を持っているだけでなく、洋菓子全般について幅広く理解している人が大半です。

日本においては、パティシエとして経験を積んでいく中で特にチョコレートの魅力にとりつかれ、ショコラティエになるというケースが多いようです。

ショコラティエの仕事

パティシエとの違いは?

洋菓子全般を扱うパティシエは、基本材料となる小麦粉、バター、砂糖、卵の4つを使ってケーキやクッキー、タルトなど、さまざまな洋菓子を作っていきます。

パティシエにとって、これら材料の知識や適切な扱い方、配合、焼き加減等まで深く理解していることはもちろん必須ですが、オリジナル商品を生み出すためにはセンスやアイデアも必要です。

一方のショコラティエも、相当な知識と技術が求められる仕事です。チョコレートは非常に繊細であり、温度や品質管理が徹底していなければ、すぐ味に表れていまいます。

ショコラティエという職業が個別に存在するほど、チョコレートは奥が深いものなのです。

どちらも「洋菓子」を通じて人を喜ばせる仕事

パティシエとショコラティエ。呼び名は異なりますが、どちらも洋菓子を通じて人を笑顔にしたり喜ばせる仕事であることに間違いはありません。

また、自らの腕を磨くことで、自分にしか作れないものが生み出せることも両者に共通する特徴でしょう。

一朝一夕で力が身につくことはなく、いずれも一人前と認められるまでには10年程度の修業期間が必要な仕事です。

洋菓子への飽くなき情熱を持ち、探究心を持って努力し続けられる人だけが成功できるのです。

仕事体験談