パティシエの魅力

創造性や独創性を生かせる

パティシエの魅力は、何といってもその手で色とりどりの洋菓子を作り出せることでしょう。

洋菓子の基本となる材料は、砂糖、小麦粉、卵、バターの4つです。この配分を変えてさまざまなお菓子を作り出していく作業は、一見簡単なようで実に奥深く、創造力や独創性をかき立てる仕事です。

何もないところから宝石のような菓子を生み出せるかどうかは、パティシエの腕にかかっているのです。

また、小さい頃に読んだ本に出てきたお菓子や映画で見たお菓子を自らの手で作り出せることも、パティシエの魅力でしょう。熟練のパティシエなら、レシピを見ただけでそのお菓子を再現できるようになります。

自分の店を持つことも可能

パティシエは腕を磨けば、自分の店を持つこともできます。店の展開次第ではテレビや雑誌に取り上げられて有名になることもあるでしょう。

あるいは、有名レストランでデザート専用シェフとしてその腕を振るうこともできます。

しかし、何よりも魅力的なのは、パティシエの作ったお菓子を買いに来る人々の笑顔が見られることです。

誕生日、クリスマス、入学式、ひな祭りなど、祝いごとの日にはパティシエの下にたくさんのケーキの注文が入ります。そのケーキを受け取る人たち、食べる人たちの笑顔こそが、パティシエにとって最大のごほうびです。

オリジナルのお菓子を生み出せる

パティシエになるということは、「自分だけのオリジナルのお菓子を生み出す力を持つ」ということでもあります。

使う素材、見た目…自分の思い描いたイメージが形になり、皆に喜ばれる。作り手にとってこれほどうれしいことはありません。

アイディアやセンスを生かし、お菓子を通して自分の世界を表現する。自分自身が好きなことを仕事にしながら、食べる人に笑顔と喜びを与えることもできる。

そんな「幸せの連鎖」を作ることができるのは、パティシエの最大の魅力でしょう。

仕事体験談