高卒からパティシエになるには

パティシエに学歴は関係ない

パティシエになるのに、学歴が問われることはほとんどありません。

また、パティシエとして働き始めてからも、学歴によって仕事内容が変わったり、昇進スピードに違いが出たりすることもないといえます。

パティシエは実力主義の仕事であることから、学歴は関係なく、とにかく現場で見習いから修業を積み、実力を高めていくことで一人前になることができます。

そうした意味では、たとえ高卒の人であっても現場の最前線で活躍できるパティシエになることは十分に可能です。

高卒からパティシエになる方法

ここからは、高卒の人がパティシエを目指すときに、どのような道があるのか具体的に見ていきましょう。

最も代表的な方法といえるのが、高校卒業後にそのまま洋菓子店などの店舗に入って修業を積んでいく方法です。

入店後は見習いからになりますが、現場で先輩に仕事を教わりながらパティシエとして必要なことを学んでいくことができます。

ただし、最初は掃除や洗い物といった雑用が中心で、いきなりケーキなどを作らせてもらえることは普通ありません。

パティシエの世界はいまだ徒弟制度が根強く残っており、店舗によっては非常に厳しい環境で修業を積んでいくことになります。

高卒からパティシエになるメリット・デメリット

パティシエとして働くなかで学歴を気にすることは、ほとんどないでしょう。

高校を出てそのまま就職をすれば、その分、現場に早く入って修業を積んでいくことができます。

専門学校や短大、大学を出てから就職する人よりも2年~4年程度は早く下積み生活を経験し、ステップアップしていける魅力があります。

高卒でパティシエになるデメリットとしては、もしその後、パティシエ以外の道を考えたときに「潰しがききにくい」ということが考えられます。

とくに大学に進学していれば、幅広く一般教養や専門科目について学べますが、高卒の場合はパティシエの世界しか知らないといったことにも陥りがちです。

しかし、パティシエとしてずっと生きていくといった強い覚悟があるのなら、早くに現場に出ることは決してマイナスにはならないでしょう。

なお、高卒の人が学校でも洋菓子づくりの知識や技術を学びたいといった場合、昼間は店舗で働き、夜間の専門学校に通うといった方法も考えられます。

仕事体験談