パティシエの1日

パティシエは洋菓子専門店やレストラン、ホテル、またはウエディングサロンなど、さまざまな場所で活躍しています。

ここでは、専門店のパティシエとウエディングサロンのレストランで働くパティシエの大まかな一日の流れを紹介します。

専門店で働くパティシエの1日

6:00 起床、出勤

開店時刻までに商品を作り上げなければならないため、パティシエの朝は早いです。

7:00 お店に到着

仕事用のコックコートに着替え、道具を揃えたり材料を出したりなど作業の準備を始めます。

7:30 作業開始

ケーキなどの生地作りからスタートします。誕生日用のケーキなど特別な注文がある場合は、時間に間に合うように作っていきます。

8:00 焼き作業

オーブンで菓子を焼く作業です。

9:50 開店10分前

お店のショーウィンドウに作ったものを丁寧に並べていきます。

10:00 開店

ここからは売れ行きを確認し、減りが早いものは途中で再び作ります。

13:00 休憩

ランチを食べたり、散歩をしてリフレッシュします。

14:00 作業開始

売れ行きを見て、夕方のピークに備えるために商品補充を行います。

17:00 翌日の仕込み開始

お店が落ち着いてくる時間なので、明日の予約状況をチェックし、翌日に向けた仕込み作業を進めます。

20:00 片付け開始

ようやく作業終了。終わる時間はその日によって異なります。1日の汚れはその日のうちにきれいにします。

21:00 閉店

掃除が終わり、他のスタッフと簡単なミーティングをして帰宅します。

ウエディングサロン内のレストランで働くパティシエの1日

9:00 出勤

昼のランチバイキングに備え、仕込みを開始します。

10:00 作業開始

テーマに沿ったスイーツや、デコレーションをあしらったスイーツを作っていきます。季節によって作るものは変わることがあります。

11:30 ランチ営業オープン

商品の減り具合を確認しながら、補充作業を行います。

14:00 ランチ終了

ようやく休憩に入ります。

15:00 厨房片付け

厨房をきれいに掃除し、次の作業に備えます。

16:00 作業開始

挙式用のケーキ作りを開始します。お客さまの要望を取り入れながら、一つひとつ思いを込めて大切に仕上げていきます。

18:00 業務終了

キリの良いところで終了です。仕事が立て込んでいる時期はもっと遅くなることもあります。翌日に備えて丁寧に厨房掃除をして帰宅。

繁忙期は残業や徹夜作業になることも

パティシエの1日の過ごし方や仕事内容は、働く場所や業務形態、時期などによっても少しずつ異なります。

パティエにとって、1年で一番忙しい時期となるのがクリスマス。専門店では泊まり込み作業をする場所も多くあります。

また、レストランでも有名人などのパーティーで多くの人が来客する場合のときなどは、朝3時くらいから仕込みに入ることもあります。

もちろん、日によっては早く帰ることのできる日もありますが、定時は決まっているようで決まっていないといったところもあります。

予約注文が多く入れば入るほど忙しくなりますし、繁盛店になればたくさんの商品を作り続けるために残業をせざるを得ないこともある、ということは頭に入れておくべきでしょう。

仕事体験談