パティシエの服装

服装で大切なこと

パティシエは食べ物を取り扱う職業なだけに、清潔感にはつねに気を配っていなくてはなりません。

服装についても清潔感を重視したものとなっており、この職業ならではといえる格好をするのが特徴です。

勤務先によって若干の違いがある場合もありますが、ここではパティシエの代表的な服装について紹介します。

パティシエの代表的な服装

帽子

「コック帽」と呼ばれる、白くて長い帽子が基本です。

髪の毛は落ちないようにしっかりとまとめて、帽子の中におさめるようにします。

コックコート

上半身については、「コックコート」といわれる料理人と同じような前開きのユニフォームを着用します。

カラーは基本は白ですが、黒や茶などの色を採用している店舗もあります。

袖は七分袖や五分袖などのものもありますが、袖の端を伸ばすと鍋掴みとしても使えるくらい長いものがよく見られます。

ボタンは万が一、火や熱湯をかぶってしまった際などに引っ張ってすぐ脱げるよう、プラスチックではなく布で作られたものが一般的です。

スカーフ

こちらは、職場によって採用していないこともあります。

スカーフをつける場合、その目的は職場における部門や役割、階級をわかりやすくするためであったり、見栄えをよくするためであったりするようです。

ズボン

動きやすく、通気性のよい長ズボンを着用します。

サロン

腰には短いエプロンのような「サロン」を着用します。

厨房で動きやすいよう、滑りにくく着脱のしやすい作業靴を着用します。

立ち仕事になるため、疲れにくいものであることも重要なポイントです。

アクセサリー

万が一、壊れて食べ物に混入するといったことがないように、ピアスやイヤリング、ネックレスなどは基本的に禁止されています。

ネイル

爪の間に雑菌が溜まらないよう、爪はつねに短く切ることが求められます。

ネイルアートなども禁止となります。

仕事体験談