パティシエの資格 – 製菓衛生師試験の難易度・合格率

パティシエの資格について

パティシエに関連する国家資格として、製菓衛生師、菓子製造技能士、食品衛生責任者があります。

製菓衛生師

菓子製造業で働く人の資質の向上や主に衛生面での管理に関わる資格です。

菓子製造技能士検定

菓子の製造技能に関しての技能を国として証明する国家検定です。

パティシエの資格-菓子製造技能士検定

食品衛生責任者

食品の衛生上の安全を守る責任者としての資格で、飲食店などの食品に関わる事業所では必ず一人は必要となります。

パティシエになるには

製菓衛生師という資格

多くのパティシエが持つ資格の1つに製菓衛生師という国家資格があります。

製菓衛生師は、菓子作りの技術や知識の他、公衆衛生学や衛生学、食品添加物など、食の安全に関する専門知識の証明となる資格です。

食に関する一定の知識を持っていると判断できるため、菓子作りの現場で注目を集めています。

製菓衛生師は飲食店を開業する際に必要な「食品衛生責任者」と同等の資格です。店長になる夢がある、独立開業を目指しているという人は取っておいたほうがよいでしょう。

製菓衛生師試験の受験資格

製菓衛生師の資格を取るには一定の実務経験が必要となります。

製菓衛生師の受験資格は、義務教育を終えた者で、厚生労働大臣指定の製菓衛生師養成施設で1年以上知識、技能を修得した者か、義務教育を終えた後、2年以上菓子製造業に従事した者と定められています。

つまり、製菓専門学校を卒業するか、菓子製造業に就職後2年以上経つかしないと受験ができません。

製菓衛生師の試験内容・合格率

製菓衛生師の試験は受験者が居住する都道府県で行われます。合格率は都道府県によってばらつきがありますが、おおよそ60%〜80%です。

試験内容は、「衛生法規」「公衆衛生学」「食品学」「食品衛生学」「栄養学」「製菓理論及び実技」の6科目で、主に筆記テストになります。

勉強のコツ

試験自体はそれほど難しくないものの、幅広い分野から出題されるため勉強が必要になります。独学で目指すには少しハードルが高いかもしれません。

その点専門学校では、授業カリキュラムに製菓衛生師の資格習得のために必要な勉強が含まれていますので、効率よく勉強することができます。

なお、試験勉強の資料として「製菓衛生師全書 和洋菓子・パンのすべて」というテキストと、過去問題集が販売されていますので、これらを利用して勉強するとよいでしょう。

平成28年度 東京都製菓衛生師試験の概要

試験日 平成28年6月11日(土曜日) 午前10時から正午まで
書類提出 平成28年4月1日(金曜日)から同月30日(土曜日)まで
試験地 学校法人後藤学園 武蔵野調理師専門学校(豊島区南池袋三丁目12番5号)
受験資格 次の(1)又は(2)の条件を満たしていること。
(1) 厚生労働大臣の指定する製菓衛生師養成施設において、1年以上製菓衛生師として必要な知識、技能を修得した者
(2) 中学校卒業以上の学歴があり、食品衛生法第51条の規定による菓子製造業施設で2年以上製菓業務に従事した者
※ 証明日時点で、従事期間が2年以上あることが必要です。
※ 過去に2年以上の従事期間があれば、現在、製菓業務に従事していなくても構いません。
試験科目 (1)衛生法規、(2)公衆衛生学、(3)栄養学、(4)食品学、(5)食品衛生学、(6)製菓理論及び実技の6科目、計60問、4肢択一方式です。
(製菓実技は、「和菓子分野」「洋菓子分野」「製パン分野」の3分野の中から、受験者が1分野を選択して解答します。)

<試験科目の免除について>
職業能力開発促進法施行令別表に掲げる検定職種のうち、菓子製造に係る1級若しくは2級又はパン製造に係る特級、1級若しくは2級のいずれかの技能検定合格証をお持ちの方は、製菓理論及び実技の試験科目の免除を受けられます。

合格率 約70%
合格発表 平成28年7月20日(水曜日)から同月21日(木曜日)まで
受験料 9,500円
詳細情報 東京都 福祉保健局

仕事体験談