未経験や独学でパティシエになれる?

未経験者を対象とする求人は多い

いま、パティシエを目指す人の多くは製菓専門学校で学んだのち、専門店やホテルなどに就職しています。

こういった人たちは、製菓の基礎知識や技術を持っている分、やはり就職時においても有利となることが多いです。

しかしながら、真面目に、一生懸命に仕事に取り組む姿勢があれば、自分で少し本を読んだくらいの知識しかなかったり、実務未経験という人でも、パティシエとしての一歩を踏み出すことは十分可能です。

製菓作りに携わる人を求める場は多く、地域にもよりますが、大都市近郊で求人が見つからないということはまずないでしょう。

ただし、未経験者のスタートは基本的にアルバイトから、良くても契約社員スタートとなっています。

しかし、パティシエは腕さえあればより良い条件の店に移ることができますし、自分でいくらでも生きる道を切り開くことができます。

まずは現場に入り、パティシエとしての人生をスタートさせることが大切ではないでしょうか。

見習いからスタートする

未経験者が現場に入れば、「見習い」としてスタートします。最初は雑用的な仕事ばかり任されるかもしれません。店によっては1年目は販売を経験させることもあります。

いずれにせよ、すぐに憧れていたケーキ作りを任せてもらえることは普通ありません。

大手企業やホテルなど、規模の大きな職場になればなるほど分業制がとられていたり、教育マニュアルがしっかりとできていたり、見習いから序列がある中で確実に力をつけていける環境があるといえます。

一方、地域に根付いた個人オーナーの店などでは、シェフ直伝で早くから菓子作りの技術を指導してもらえることもありますが、その店のパティシエ独自の技術を得ることになるため、どこでも確実に生かせるスキルを得るという面ではデメリットにもなるところがあります。

「とにかくどこでもいいからパティシエとして働きたい!」という場合以外は、「こうなりたい」という明確な目標を定め、夢に少しでも近づきやすい勤務先を選ぶほうがよいでしょう。

仕事体験談