アルバイトのパティシエとして働く

アルバイトからキャリアをスタートする

パティシエを目指す場合、まず製菓の専門学校で学んで基礎を身につける人が多いですが、必ずしも専門学校に通わなければいけないというわけではありません。

実際、未経験者を受け入れる店舗や企業も多く存在しており、ゼロの状態から現場で修業を積むことも可能です。

そういった場合、基本的には正社員としてではなく、アルバイトなどからスタートすることになります。

アルバイトは、正社員と比べて待遇面は劣りますが、正社員ほど時間の拘束も厳しくなく、自分の時間を自由に使えることから、他の仕事と掛け持ちする人もいます。

アルバイトとしてのパティシエ

アルバイトとしてパティシエ業務をする場合、未経験であれば最初は簡単な雑用になります。

その後、徐々に洋菓子作りにおける大切な部分を任されるようになり、真面目にこなしていれば1年後にはある程度作れるようになるでしょう。

有名な店舗の場合だと2年間はケーキを作らせてもらえず、ホールや経理などまったく関係ないところから経験を積んでいく場合もあります。

技術を磨き、ステップアップを目指す

パティシエとして十分な技術がある人でも、複数のお店でアルバイトを掛け持ちしている人がいるのが、パティシエの特徴です。

作り方や食材は店によって異なるため、さまざまな店で働くことによって、それぞれの店の製法を覚え、自分のものとしながら腕を磨いているのです。

パティシエは職人の世界です。将来独立を目指す場合、いろいろな店舗で働く中で得た経験が財産となり、自分自身で道を切り開いていくことができるでしょう。

努力次第で正社員になるチャンスも

未経験スタートのアルバイトであっても、同じ店舗で長く勤務していると、実力や人柄が認められれば正社員として働けるチャンスも出てきます。

そのためには、働き続けている店舗のことが大好きで、店をより良くしていきたいというモチベーションを持ち続けていることが必要です。

パティシエは腕さえあればどこでも働くことが可能ですし、ステップアップしていくチャンスはいくらでも転がっていますが、まずは置かれた環境でしっかりと成果を出すことも大切となります。

より良い居場所を求めてむやみに職場を移っているようでは、なかなかチャンスも掴めません。

自分はどう進んでいくべきなのかしっかり考えてから、行動に移すのが得策です。

仕事体験談