弁護士秘書とパラリーガルの違い

パラリーガルが弁護士秘書業務も兼ねるケースも多い

日本においては、弁護士1名にスタッフが数名からなる小規模な法律事務所がほとんどです。

それらの事務所ではパラリーガルが弁護士秘書業務を兼ねている場合がほとんどであり、パラリーガルと弁護士秘書の線引きはあいまいです。

一方、大手法律事務所や渉外法律事務所の場合、パラリーガルと弁護士秘書業務を明確に分けていることが多く、それぞれが協力しながら弁護士をサポートしています。

弁護士秘書の仕事内容

弁護士秘書とは、その名前の通り、担当する弁護士の秘書としての役割を担います。

弁護士秘書業務は、弁護士がスムーズに仕事を進められるように、弁護士のスケジュール管理・調整、外出・出張の手配、旅費精算、文書作成、電話対応、来客対応、ファイリング、事務所の清掃など多岐にわたります。

パラリーガルの仕事内容

パラリーガルの業務の中でも法律事務業務は、事件に関する事実調査や資料収集、法令・判例検索、クライアントとの連絡業務、裁判所への書類作成、契約書の翻訳や調査業務など、法律知識をベースとしたより専門的な業務となります。

秘書のようなスケジュール管理等の業務は行わないものの、紛争を解決するために事務的な側面から弁護士をサポートします。

求められるスキルの違い

弁護士秘書の場合は、法律知識はとくには求められません。

それよりも弁護士が仕事を進めやすいようサポートする気遣い、事務処理力、コミュニケーション力のほうが重視されるでしょう。

一方で、パラリーガルの場合は法律事務を行うため、一定の法律知識や実務経験、それらをベースとしたリサーチスキル、また渉外事務所などではTOEIC900以上レベルの英語力などが求められます。

給与の違い

弁護士秘書の場合は、一般企業と同等の350万~450万円程度が多いでしょう。

一方、たとえば外資系大手法律事務所のパラリーガルの場合、年収500万~750万円となります。専門性が必要とされるパラリーガルのほうが、やはり収入も高くなります。