パラリーガルになるには

特別な学歴、資格は必要ない

パラリーガルは、看護師や幼稚園教諭のように数年間学校で教育課程を受けなければなれないということはなく、また司法書士のように難関とされる独自の試験を受験し、合格しなければならないということはありません。

とくに資格がなくてもできる仕事です。

パラリーガルになるためには法律事務所で働くことが第一歩

パラリーガルは、弁護士の指導・監督の下、法律事務を行い、弁護士をサポートする役割を担います。

パラリーガルについては明確な定義はないため、法律事務所の規模、取扱い分野、方針によって、弁護士秘書も兼ねる場合も多いですが、パラリーガルになるには、とにかく法律事務所等で働き経験を積むことが第一歩といえるでしょう。

未経験からでもパラリーガルになれる

自分は法学部でも、法務部などでもなかったし、法律事務の知識や経験はないからパラリーガルは難しそうと感じる方もいるかもしれません。

たしかに、パラリーガルは一定の法律知識をもって、様々な調査業務、法律事務を行う専門性の高い仕事です。

しかしながら、未経験で法律知識がない場合でも、弁護士秘書での求人の場合は、法律のバックグランドが問われないことが多いです。

弁護士秘書から始めて、業界のルールを知り、法律事務の経験を積み、専門性を高めていくことでパラリーガルになっていくケースも多くみられます。

パラリーガルに求められるもの

パラリーガルには、弁護士が仕事を進めやすいように自ら考えサポートしていく姿勢、高い事務処理力、クライアントや他のメンバーや弁護士と円滑に仕事を進めるコミュニケーション力、法律業務に携わる上での人としての誠実さなどが求められます。

それに加えて、各法律事務所で扱う分野、たとえば金融系や企業法務、刑事事件、債務整理などそれぞれに関連する法律知識や各種手続き、調査業務、翻訳業務など専門スキルが必要とされます。

自分の希望する分野を扱っている法律事務所の求人などを確認し、求められる条件と自分のキャリアを確認することで、自分に足りないスキルなどが明確になるでしょう。

仕事体験談