パラリーガルの1日

パラリーガルの1日の例

9:00

出勤して、事務所内を掃除します。

メールをチェックし、当日のスケジュールについて確認します。

9:30

担当している案件の進行状況について弁護士とミーティングをし、確認します。

顧客への連絡事項があれば、電話等で連絡します。また、前日に処理しきれなかった業務に対応します。

10:00

来所される顧客への対応、お茶出し、打ち合わせ資料について準備、議事録の作成などを行います。

その他、弁護士の指示に従い適宜さまざまな業務を行います。

12:00

同僚とランチをとります。

電話当番の場合は、事務所でお弁当を食べたり、他のパラリーガルや事務員と時間をずらすなど調整します。

13:00

裁判所、郵便局、法務局、弁護士会などの関係機関へ外出し、書類の提出、弁護士宛のレターケースの確認などを行います。

帰所時には再度郵便物をチェックし、管理します。

15:00

弁護士からの指示で、訴状、答弁書、申立書等の書類について、書類の構成に問題がないか、誤字脱字がないか、わかりにくい文章でないかなどを細かくチェックします。

また、担当する事件に関する文献や判例を調査し、弁護士に提出します。

17:30

翌日のスケジュールの確認、提出する書類等について確認して終業となります。

残業が日常的になることも

パラリーガルは弁護士のアシスタント業務を行いますが、勤務する法律事務所の専門分野や、規模によって大きく異なり、1日の流れも様々です。

たとえば、日本で多くの割合を占める小規模事務所の場合は、パラリーガルが秘書業務や一般事務と法律事務を兼ねているケースが多くなっています。

一方、規模の大きな渉外事務所や大手弁護士事務所では、秘書業務や一般事務とパラリーガル業務が分業化されているため、パラリーガルは契約書の翻訳や法律文書作成、調査といった専門的な業務に集中しています。

また定時で勤務を終えることのできる事務所がある一方で、忙しい事務所では残業なども日常的に必要になることもあります。