アルバイトのパラリーガル

法律事務所のアルバイト(パート)

法律事務所の求人の中には、アルバイト(パート)の募集もみられます。

その場合、勤務条件として、平日の週2日以上、1日6時間以上などがあげられ、毎日の勤務が難しい主婦なども働きやすい条件があげられています。

仕事内容は、電話対応、来客対応、裁判所等に提出する書類の作成補助、各種書類の取り寄せ、裁判所等への書類提出といった事務員の補助的役割となっています。

応募条件には、パソコン操作や一太郎やOffice系の文書作成経験、また事務職経験があげられており、法律事務所での経験があればさらに優遇されるでしょう。

未経験者の採用も多いため、パラリーガルへの第一歩として始めることができます。

アルバイトの給与

法律事務所のアルバイトの給与は、一般的に他の職種と大差なく、中小規模の法律事務所で時給800円から1000円ほどとなっています。

大規模な渉外法律事務所では1200円前後の場合もあります。

その他交通費が支給される場合もあります。

ロースクール卒業者のアルバイト

アルバイトの募集の中には、ロースクールの学生、卒業生またはそれに類する能力(司法試験・予備試験の受験生)を持つ人を歓迎している事務所もあります。

彼らには高度な法律知識があると想定されるため、仕事内容にも裁判に関わる書類のドラフト作成など、より専門的な法律事務に携わることが期待されるでしょう。

一方で、ロースクールの学生や司法試験受験者などにとっても、実際の法律事務所で実務経験を得られることは非常に良い機会となります。

アルバイトから正職員へ

アルバイトとして法律事務所へ勤務し、人柄や仕事の成果によっては正職員に登用されるケースも珍しくありません。

正職員になることによって、より専門性の高い仕事を任されたり、また収入が上がったりということも期待できます。

未経験の場合など、まずはアルバイトから始めて、実務経験を積みながら信頼関係を構築し、正職員になることでより高度なスキルをもつパラリーガルへのキャリアを築くことができるでしょう。

仕事体験談