パン職人の志望動機、面接

パンづくりを仕事にしたいという気持ちが大切

パン職人を目指して就職する場は、街のパン屋さん、ホテルやレストランの製パン部門、大手ベーカリーチェーンなどがあります。

待遇や条件なども職場によってさまざまですが、まずは店のオーナーや面接担当者に雇ってもらえることが第一となります。

パン職人として活躍する多くの方から耳にするのが、「パンが好きでパンづくりが大好き」だということです。

パン職人を目指して長い道のりを歩いていくには、まずは元気で長い時間働き続けるための基礎体力が必要。

しっかりと自分自身の体力に自信を持って挑み、「パンづくりという好きなことを自分の仕事にしたい」という強い決意が必要となります。

面接した人は、一緒に働きたい相手を選ぶ

パン屋さんは、チームで毎日長い間一緒で働くことが多く、ともに長い時間を過ごす、いわば家族のような存在ともいえます。

あなたが将来パン職人となったとき、どのような人と働きたいかを考えると、相手が求めている人材もおのずと見えてくることでしょう。

たとえば、

・なぜパン屋になりたいのか? → 街においしいパン屋さんを作りたい
・どんなパンを作りたいか → おいしくて安心安全なパンを届けたい
・どうしてうちのパンを作りたいのか → 小さいときから貴社のパンが好きだから

など、パン職人を目指すのに決して難しい答えは必要ありません。

なんとなくパン屋さんになりたい、では厳しいのがパン職人の世界ですが、

「パンが大好きだから」
「パンづくりやものづくりが好きだから」
「お客さんによろこんでもらえる仕事がしたいから」

など、パン職人という夢を大きく持つ一生懸命な人であれば、熱意は表情や雰囲気から伝わることでしょう。

独立を目指している人は「いつか自分で店を持ち、パン職人で生計を立てたいです」と熱い思いを伝えるのもひとつです。

大きな自分の夢を抱いた人はやはり魅力的ではないでしょうか。

社会人としての基本が大切

パン職人という仕事の特性上、「早起きが得意」「チームプレーでスポーツをがんばっていた」「製パン専門学校に通っていた」「パン屋さんでバイトしていた」などの点もかなり有利です。

体力的にもきつい仕事であることを理解し、それでも夢のためにがんばりたいという姿勢は大きなアピールポイントになります。

ハキハキと挨拶ができること、時間を守ること、元気で体力があること、粘り強く作業をおこなえること、まわりと合わせて働ける協調性があること、そして報告連絡相談がきっちりできること。

どれも当たり前に見えますが、パン職人に限らずどこで働くにしても、社会人としてなにより大事なこの基本をしっかり守れる人こそが、オーナーさんや企業側から最も求められている貴重な人材といえるでしょう。

パン職人は、こつこつと励むパン製造にやりがいを感じられる人や、好きなことになら何時間でも夢中になれるいわば職人気質な人に向いている仕事でもあります。

本気で「よいパンを作りたいと思っている」というやる気と情熱に加え、長所をしっかりと伝えアピールしましょう。

仕事体験談