パン職人の給料・年収・収入

さまざまな雇用形態

パン職人の就職先は、個人で経営する小さなパン屋や大手のベーカリーチェーン店、パンの工場などです。いずれにしても、勤労時間は比較的長く、給料はそれほど高くないというのが現状のようです。

パン屋は開店が早いため早朝出勤が当たり前で、閉店後にミーティングをしたり新作のアイディアを練ったり翌日の生地の下ごしらえをしたりという残業もあります。月給は平均的には15〜25万円ほどになります。

厚生労働省の調査によると、パン屋で働く人の平均年収は、38歳でおよそ300万円ほどです。(平成25年調べ)

一般のサラリーマンや公務員に比べると、やや低くなる傾向にあります。とくに町の小さなパン屋は売り上げが安定性しないことも多く、賞与等は見込めないこともあります。

また、パン職人の場合、正社員以外の求人が多いのが現状です。契約社員やアルバイトとして働く人は多く、こういった待遇は時給制なのでさらに給料が低くなる傾向にあります。

収入アップをめざすために

パン職人の場合、高い収入を手に入れるためには、独立して自分の店を持ち、成功を収めるのが一番の近道です。

商品の値段の設定や従業員のお給料の金額を自分の裁量で決めることができるので、経営がうまくいけば収入の大幅なアップも可能です。

また、人によっては、パン教室を開催して講師としての副収入を得る人もいます。手作りのパン教室は近年人気の講座になっていますし、定期的な月謝が入るようになるため、副収入としては魅力的です。

さらに、パン教室を通してお店の宣伝をすることもできるため、お客さんを増やすためにこうした教室に力を入れているケースもあります。

仕事体験談